ゴールドラインを使いユニオンステーションからリトルトーキョー間を移動する

エンゼルスタジアムにご観戦に行くのに、リトルトーキョーのエリアを拠点にアムトラックという方は多いです。
リトルトーキョーだとユニオンステーションから近いのですが、ただ、深夜の徒歩には微妙な距離が残ります。
かといって、タクシーでは近すぎて乗せてもらえない距離ぐらいの微妙さです。
そこで、ゴールドラインという選択肢があります。

リトルトーキョーには、ミヤコホテルなどがあり、ホテルの前には、夜遅くまでやっている日本食屋などあるので、日本人にもありがたいロケーションです。

ゴールドラインのリトルトーキョー駅は、そんなミヤコホテルからすぐ近くの駅になります。
この駅を使うニーズとしては、ローズボウルを観戦する場合にパサディナへ行くというケース、後は、ドジャースを観戦するのに、ユニオンステーションからシャトルバスでスタジアムまで行くケース、そしてアムトラックでアナハイムまで往復するというケースでしょうか。

ゴールドライン リトルトーキョー駅の場所

ゴールドラインの駅は、地上にあります。リトルトーキョーの駅はこのようなイメージです。

駅の前はこんな感じです。

少し歩くとミヤコホテルがすぐ見えます。

ユニオンステーション

ユニオンステーションは、レッドライン(パープルライン)やゴールドライン、そして郊外へ行くアムトラックの駅になります。
そのため、巨大とは言えませんが、大き目な駅です。

この駅のポイントは、レッドライン、パープルラインは地下がプラットホームとなり、ゴールドラインはアムトラックのように地上がプラットフォームになります。
そのため、レッドラインからゴールドラインの乗り換えは、慣れても5分ぐらいは時間が掛かります。初めて使う場合は、看板がわかりづらいかもしれませんので、結構ゆとりが必要です。

例えば、ユニオンステーションにレッドラインやパープルラインで到着した場合、ゴールドラインを使う場合は、まず地上に出ます。

改札の外にでます。
ロサンゼルスのメトロは、出るときにはタップする必要はありません。乗るときだけです。

一応、このようにゴールドラインなどはこちらという看板はありますので、とりあえず、このまま歩きます。

上に行くと、アムトラックの時刻が表示されている看板のある階層にでます。

このような感じのエリアの方面は、外に向かいます。
タクシーなど使う場合はこの方向で正解なのですが、ゴールドラインは、反対側に行かないといけません。

ゴールドラインの入口はこのような感じです。

このようにメトロ・ゴールドラインと書いてあります。

階段を上り、上に行くと、乗り場になります。
ユニオンステーションを中心に考えると、リトルトーキョー方面は「East  LA」行きになります。方向さえ間違えない場合は、リトルトーキョーは1駅です。


アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。