MLBオールスター パレードを体験する

レッドカーペットショーは一見の価値あり

オールスターゲーム当日の昼間、出場選手がオープンカーに乗って市街地をパレードします。2017年は、マイアミ市ダウンタウンにあるInterContinental Hotel付近から出発し、American Airline Arenaまでの約1.5キロをパレードしました。スタート地点に陣取りパレード開始前までは各チームのマスコットと記念写真を撮ったり、オールスターグッズを受取ったりしました。そして12:30過ぎにいよいよパレードが始まりました。すぐ目の前をスーパースターがオープンカーで通るためテンションが上がります。

こんな機会に立ち会えることはなかなかありませんので多くの写真を撮りたくなります。同時に選手の名前を呼んで大きく手も振りたくもなります。撮影ポイントとしてお勧めできるのは、メディアのインタビューエリアにオープンカーが停車した時です。選手全員ではありませんが、一部の選手に対してインタビュアーが数分間話をします。オープンカーが完全に停車するこの瞬間がシャッターチャンスです。

写真を撮るもよし、選手の名前を連呼して手を振るもよし。試合前の大イベントを堪能してください。

2018年は、ワシントンDCでオールスターゲームが開催されます。
基本的にオールスターのパレードのルートは直前にならないとリリースされません。特に今回のマイアミに関しては、行ってみて初めて分かるようなことも多かったので、パレードを観るご予定のファンの方は、開催直前での情報収集になると思います。

※この記事は2017年7月11日に観戦した際の情報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)