2021年アメリカのイベント開催情報について

2021年のアメリカのスポーツ、エンターテインメント事情をご紹介いたします。発信させていただく情報はアメリカ国内のコロナ禍の状況をお知らせするもので、現時点での日本からアメリカへ旅行をお薦めするものではございません。

最新の入国情報は、外務省の「海外安全ホームページ」よりご確認ください。

外務省 海外安全ホームページ

日本国内のコロナの最新情報は、厚生労働省のホームページよりご確認ください。

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について

2021年9月5日更新

現在、アメリカ合衆国もコロナ・デルタ株感染がアメリカ全土に拡大しています。皆様、ニュース等でご存じの様に連邦・州政府機関、大企業等の職員に対してワクチン接種を義務付けられましたが、それに反発する動きなどもあり、アメリカもコロナ・デルタ株感染を抑えるために大きく揺れている状態です。

 
ニューヨーク市、サンフランシスコ市、ハワイ・オアフ島などは、屋内で営業するレストラン、ジム他のサービスに入店する際にはワクチン接種証明もしくは陰性証明の提示が求められるなどの都市も出てきており、ロサンゼルス市などもそれに追従するような流れも出てきているようです。
デルタ株感染状況は州や郡によって異なり、現時点での”コロナ・デルタ株の安全対策”もチーム本拠地、コンサート会場が位置する都市、州、郡衛生局によって管理されている為、それぞれ異なっています。「もし」現時点でアメリカを訪れて、ゲームやコンサート等に行かれる予定をされている方は、アメリカ全体、感染者状況により毎日のように「安全対策・規制」がアップデートされていますので、必ずその会場がある都市、郡の状況を事前にチェックする必要がありますのでご注意ください。
 
MLB
レギュラーシーズンも残すところ一か月となったMLB。大谷選手の活躍等で、日本でもTVやニュース等で沢山の観客で埋まっているMLBの球場の状況を目にする機会が多いと思います。基本的にMLBは大きな規制はなく、どの球団も球場内の「屋内」とされるトイレ、コンコース、チームストア等の場所ではワクチン接種有無を問わずマスク着用を義務付け、もしくは推奨しています。ですが、ロサンゼルス・ドジャースはロサンゼルス郡の極度な感染増加に伴い、来場者全員に対して球場内でのマスク着用を義務付けています。
大谷選手の所属するロサンゼルス・エンゼルスは厳密には”オレンジ郡”というロサンゼルス郡の隣にあるチームですので、まだこのような規制はありません。 
 
NFL
NFLは、プリシーズンゲームを終え、いよいよレギュラーシーズン開幕を迎えます。今シーズンから定員の観客を入れて試合を行うことが数か月前に発表になりましたが、
またもやデルタ株感染増加の不安を抱えてのシーズン開幕になってしまいました。現時点では2チームがホームで行われる試合の際に、ワクチン証明または陰性証明の提示を求めることを正式に発表しています。
 
・ラスベガス・レイダース:ワクチン証明
・ニューオリンズ・セインツ:ワクチン証明又は陰性証明
*先日、ルイジアナ州を襲ったハリケーン「アイダ」の影響でニューオリンズは大被害を受けてしまいました。そのため9月13日のグリーンベイ・パッカーズとのホーム開幕戦は急遽、ジャクソンビル・ジャガースの本拠地「TIAAフィールド」で行われることになりました。現時点で公式ウェブサイトでは、第4週10月3日の試合は本拠地「シーザーズ・スーパードーム」で行われる予定になっています。
・ロサンゼルス・ラムズ:マスク着用義務
・ロサンゼルス・チャージャーズ:マスク着用義務
・カンザスシティー・チーフス:「ゲームデー(試合日)スタジアムツアー」はツアー中にフィールドに降りる為、参加者にワクチン証明提示を求めていることから、レギュラーシーズンも試合入場時にワクチン証明の提示等の安全対策規制が適用される可能性があるかもしれないとの報道もありました。
 
NBA
NBAもプリシーズン、レギュラーシーズン開幕まであと一か月。
現在、ゴールデンステート・ウォーリアーズの本拠地「チェイスセンター」がチーム公式サイト上で10月から始まる2021-22シーズンゲームへの入場の際にワクチン証明の提示を求める発表をしています。これは、米国疾病予防センター(CDC)、各州、郡、市の行政、衛生局が定める安全対策規制を、NBAの試合のみならずコンサート等でも使用される「アリーナ」は守らなければいけないので、デルタ株感染状況が好転していない限りは、それぞれの「アリーナ」の公式サイトに記載されている安全対策規制が適用されることになります。現時点では、正式にチームとして発表しているチームは少ないですが、各チームこの先の感染状況を見ながら安全対策規制の詳細が発表されていくものと思われます。
 
NHL
NHLもNBAとほとんど同じ「アリーナ」を使用するため、ルールは同じです。カナダチームのウィニペグ・ジェッツ、エドモントン・オイラーズ、トロント・メイプルリーフス、バンクーバー・カナックス等はそれぞれのホームゲームではワクチン証明提示を求めることを決めています。一昨日のニュースでは、ラスベガス・ゴールデンナイツは本拠地「T-Mobile Arena」での試合の際には、来場者全員に対してマスク着用義務を求めるとのニュースがありました。
 
ワクチン証明書・ワクチンパスポートについて ※米国内で使用可能かどうかについて述べている記事ではありません。
現在、アメリカ合衆国は全国民に対してワクチン接種を勧めており、今後も当分の間、変更されることは無い様に思われます。流れ的には今後アメリカを訪れる際には、ワクチンを接種しておいた方が何かと都合の良い事が多くなることが考えられます。特にアリーナなどの屋内で行われるNBA、NHLなどのプロスポーツ、コンサート、劇場などはワクチン接種証明の提示義務がある事が多いので尚更です。
 
そこで、日本で取得したワクチン証明証やワクチンパスポートが、アメリカ国内の会場の入場時に認められるのか?という心配があります。
日本の外務省のウェブサイトに「新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域」が出ていますが、現在、「米国」は「グアム」のみになっています。
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/certificationlist.html
 
基本的に米国本土へ入国の際には「陰性証明」のみが必要ですが(ワクチン接種済の場合は自己検疫期間が免除されるなどの特典もありますが、本土の場合、自己検疫は推奨です。)、ハワイなどは事前にウェブ上で全ての情報をハワイ政府のウェブサイトにアップし、すべての条件を満たした際に送られてくるQRコードを受け取らなければハワイ州の各島には上陸することができません。ですが、ハワイ州オアフ島は今日現在の時点(9/4)では日本(国外)発行のワクチン接種証明書、ワクチンパスポートを認めていない為、例えばオアフ島でレストラン内で食事がしたい時には「48時間以内の陰性証明」が必要になります(9月13日から新たな規制が施行されます)。日本からの旅行者や商用者に対して寛容であるはずのオアフ島が現時点では日本(国外)発行のワクチン証明を承認しないということは、アメリカ本土の場合を考えると当分先の話になることも考えられます。
 
NBAのゴールデンステート・ウォーリアーズやいくつかのコンサート、会場などは、「CLEAR(クリアー)」という契約しているアメリカの空港や球場、アリーナなどで事前に身分証明書を事前に行う民間企業があり、そのアプリ(無料)を使って事前に個人情報、ワクチン証明、顔認証などをアップしてQRコードを入手し、それを会場で提示するという方式を取っています。もしくはまだアナログにCDCが発行する紙カードを提示する方式です。
https://www.clearme.com/ 
 
またこの記事を書いている小生はカリフォルニア州在住で、CDCの紙カード以外に州が発行したデジタル版QRコードを入手しましたが、それすらも会場等で認められるのかもわからない状態ですので、近々に調査してみたいと思います。
 
ですので、日本発行のワクチン証明書(英語)・パスポートについては、まずは日本国が諸外国との連携をとってもらうことが最優先の上で、ハワイの様にアメリカ入国前に情報をすべてアップしてアメリカ政府からQRコード等で「ワクチン済証明」の発行を受ける、もしくはアメリカ政府が「Clear」の様な民間企業数社に国外発行のワクチン証明の登録させる権限を与えるなど措置が必要になってくるのではないでしょうか。例えば、いまコンサート会場へ行って、一係員に「日本発行のワクチンパスポート」を見せても入場はほぼ無理なことは容易に想像できます。
 
いずれにしても、現時点では「ワクチン接種証明書・パスポート」については、このような懸念事項があります。
ですので、「もし」この9月、10月から開幕するNFL、NBA、NHL、その他コンサートに行かれるご予定がある方は、試合開始・開演の72時間前以内のPCR等の検査を受けて、陰性証明を提示するという事をお考えになられた方が良いのではないかと思われます。(殆どが有料です)
 
※上記全ては毎日のように更新されている情報です。最新の情報は各所のウェブサイト等でお調べ頂くことをお勧めいたします。
 
日本へのご帰国について
 
現時点では、アメリカに入国するよりも、日本へご帰国される際に日本国が定める水際対策規制の方が、相当厳しくなっておりますのでお気を付けください。
 

2021年7月28日更新

アメリカは6月中旬から大都市を有するニューヨーク州、カリフォルニア州を始め、殆どの州がコロナ規制を解除しました。

大谷翔平選手の試合や、MLBオールスターゲーム等をご覧になり、ご存じの方々も多いと思いますが、MLBやコンサートなども入場人数制限をせず、定員を上限として各種イベントが行われております。
 
来月からプリシーズンが始まるNFLや、秋口から始まるNBAを現地へ観戦に行かれたいお客様より、現在のコロナ禍のアメリカの入国状況につきまして多くのお問い合わせを頂いておりますので、現状をご説明させて頂きたいと思います。
 
ですが、アメリカもデルタ株の感染が少しずつ拡がってきている状況もございますので、ここに記載している内容は、常に変更されること予想されますので、常にアップデートが必要となりますのでご了承ください。
 
現在、アメリカでは”ワクチン接種”が終了しているか、否かで求められる対応が大きく異なります。
今のアメリカでは”ワクチン接種済”の方が優遇されることが多くございますので、これから渡米をお考えの方は頭に入れおいた方が良い様です。特にNBAなどの屋内で行われるスポーツに関しては、ワクチン接種済カードの提示、または試合の72時間以内のPCR検査陰性証明の提示など、今後のデルタ株の流行度によってルールが変わってくる可能性がありますので注意が必要です。
 
アメリカ入国について
 
CDC(米国疾病予防センター)が定める、日本から国際線でアメリカ入国の際の主な規制は下記の様になります。
※日本で飛行機搭乗まで、また到着地で必要な書類等につきましては各航空会社へお問い合わせください。
※アメリカが入国を拒否している国々もあります(14日間以内に指定されている国に立ち寄った場合も入国拒否されます)
 
<ワクチン接種済者、ワクチン未完了または未接種者 共通>
日本出発の72時間以内のPCR検査陰性証明が必要です。
・到着地の州、郡、市が定める宣誓書などの書類がある場合は提出が必要です。(例:ロサンゼルス空港など)
・公共交通機関(バス・電車・飛行機・船等)、駅、空港、市町村管轄施設でのマスク着用。
・州が義務付け、または推奨している屋内でのマスク着用。
 
<ワクチン接種済者:いずれも現時点では推奨>
・現地到着後、3~5日の間に、コロナ検査を受けること。
・結果が陰性の場合でも、その後の体調の変化等に常に気を付けること。
 
<ワクチン未完了、未接種者:いずれも現時点では推奨>
・現地到着後、3~5日の間にコロナ検査を受けること。
・検査結果が陰性の場合は7日間、検査を受けない場合は10日間の自宅・滞在先にて自主検疫。
 
・「推奨」ということで、現時点では自主性に任されてはおりますが自分のみならず、他者への影響を考え、上記 
 を遂行することを求めています。
・上記を遵守した後のアメリカ国内の移動については特に制限はありませんが、到着地の州の規制等の確認は必要
 になります。
 
以上が、主なアメリカ入国の際に必要な決まりですが、現在デルタ株が流行している州や郡もあり、上記は変更される場合がございますので、常に情報はアップデートされることをお薦めいたします。
 
日本へのご帰国について
 
現時点では、アメリカに入国するよりも、日本へご帰国される際に日本国が定める水際対策規制の方が、相当厳しくなっておりますのでお気を付けください。
 
 

2021年5月10日更新

コロナワクチン接種が進んでいるアメリカですが、アトランタ・ブレーブス(ジョージア州)は先日の試合から100%の観客動員し始め、チケットを持っていれば球場にて無料でワクチンが受けられるサービスを始めました。
(100%動員はテキサス・レンジャーズも開幕から始めており、アリゾナ・ダイアモンドバックスもその方向で動いています。)

ニューヨーク・ヤンキースとニューヨーク・メッツ(ニューヨーク州)は、球場にてワクチン接種をしたファンには、無料観戦チケットのバウチャーを配布するサービスを始め、2回のファイザー、モデルナ等のワクチン、1回のジョンソン&ジョンソンのワクチン接種を終え2週間が過ぎたファンに対しては、観客動員の上限を設けず、事実上100%のファンを動員すると発表したようです。(ワクチンを受けていないファンに対しては、現行のソーシャルディスタンスを保った形で観戦可)

日本のヤフーニュースでも報道されていましたが、シアトルマリナーズの球場に来たファンに対して無料のワクチン接種サービスを行っていますが、シアトルがあるワシントン州ではコロナ感染者数が上昇の兆しがあり、規制も一段階戻る形となっているので、余計に接種を進めています。ワクチン接種を終えたファンには$10,$20チケット、無料Tシャツ、コンセッションの20%割引などのサービスを6月2日まで行うことを発表しました。

またカリフォルニア州のロサンゼルス郡はコロナ感染者数の劇的な減少に伴い、コロナ規制レベルを0~4(色分けされている)のレベルのうち黄色の1まで下げることになりました。これによってアウトドアゲームや映画館、博物館等のインドアのキャパシティーも多くなっていくことでしょう。カリフォルニア州はこのままの感染者数の減少とワクチン接種が進んで行けば6月中旬には100%再オープンをする方向で動いているとも言われています。

これはエンタメ情報になりますが、7月3,4,9,10、23、24日にブルーノ・マーズがラスベガスの定住型コンサートの皮切りとして公演を行うことを発表。先日のチケット発売日には数分でチケットが売り切れるなど、コロナ禍でコンサートを待ちに待ったファンが殺到するなど、大きな話題になっているようです。

カジノ&舞台芸術の都であるラスベガスは、シルクドゥソレイユショーを始め、コンサートなど、2000人以上の観客を劇場に入れるインドアイベントは6月末からオープンされる方向です。(今も小規模のショー、NHLラスベガスゴールデンナイツの試合は行われています。:50% 9,200人)

今後、アメリカではワクチン接種が進んでいく予定で、何万単位の観客が集まるイベントでは、ワクチン接種が済んでいる人達への優遇措置が取られる方向に進んでいくように思われます。

2021年5月3日更新

現在のアメリカのコロナ感染の状況は、各州によって違っております。アメリカ全体で見ると減少傾向にはありますが、その中でもオレゴン州やワシントン州などは、また少しづつ数字も上がってきており、新種株の感染拡大も心配されております。

中でもカリフォルニア州は劇的な減少傾向にあり、観客動員数の割合は決められてのオープンでありながらもMLB、NBA、NHL、MLSなどのプロスポーツは観客を入れての試合が行われています。また先日の4月30日からオレンジ郡アナハイム市にある元祖ディズニーランドが一年以上ぶりに再オープンしました。その他の大手テーマパーク、市が運営している以外の水族館、博物館などもオープンし、このままの状態を保つことが出来れば6月には特に規制のない状態に戻すというカリフォルニア州の意向もあるようです。

しかしながら、米国は不必要な旅や観光を目的とした外国からアメリカ合衆国に入国する旅行者を奨励しておらず、カリフォルニア州やニューヨーク州の様な大都市を有した州は、出発国で受けたPCR検査の結果に関わらず7日~10日間の自己検疫期間を持たなければいけないようです。(米国入国前のPCR検査以外の規制は州によって異なります)

ですので、日本から試合観戦や観光目的での数日間の旅行が出来るようになるまでは、もう少し時間が掛かりそうですが、コロナ感染が減少傾向にありリオープンの方向に向かっていることは嬉しいニュースです。

2021年4月26日更新

LV:シルクドゥソレイユ再開、NYブロードウェイは9月まで延期。

先週から今週にかけて、アメリカ国内のショービジネスにも再開に向けた動きがありました。

ラスベガス

コロナ禍で、NHLのラスベガスゴールデンナイツはすでに観客を動員して試合を行っているなど、すべてが再開モードで動いているラスベガスですが、中でも2500人クラスの劇場で5つのショーをもっているシルクドゥソレイユの動向に注目が集まっていました。

今週のニュースで、T.Iホテルで公演をしている「Mystere」が6/28から、ベラッジオホテルで公演している「O(オー)」が7/1から400日ぶりに公演を再開するとの発表がありました。その他のラスベガスでの演目については発表されていません。

またスポーツ関連としては、ラスベガス・レイダースの新スタジアムのアリジェントスタジアムは、スタジアムツアーを開始しました。今シーズンからは観客を入れてのシーズンになることを祈るばかりです。

ニューヨーク

コロナ感染により、延期に延期を重ねて今年の5月30日の公演再開を目指してきたNYCブロードウェイミュージカルですが、さらに延期され今秋9月の再開を目指すことになったようです。これはNYのコロナ感染者数、またショーに関わるスタッフ、演者がワクチンの接種を済ませられる時期を見通しての決定のようです。

2021年4月9日更新

NBA: ウォリアーズが観客動員、コロナ検査キット付きチケット

現地4月8日にNBAゴールデンステート・ウォリアーズは4月23日の対デンバー・ナゲッツ戦から定員の35%の観客を入れて試合を行うことを発表しました。

今までもNYのマディソンスクエア、ヤンキースタジアムを始め、他都市でも試合に入場する際には試合の72時間前以内のPCR検査結果、もしくは2回のワクチンを接種した証明の提示が必要でした。今回ウォリアーズは観客を動員するにあたり、NBAチームとしては初めての試合の7日前までにチケットを購入したファンに、自宅でできるコロナ検査キットを無料で提供することを発表しています。全来場者は試合の48時間以内のPCR検査陰性証明、もしくは2回のワクチン接種証明を求められます。

カリフォルニア州は、この4か月で感染者数が激減したことで感染警戒レベルを大幅に下げ、このようなプロトコルを来場者に求めているチームはMLB、NHLも含めてありませんでしたが、この様にウォリアーズと本拠地アリーナのチェイスセンターによる念には念を入れた対応は、選手、来場するファンに対しての安全と安心感、自分たちの試合からコロナ感染を出さないという心意気が伝わってくるようです。

マイアミヒートなどもそうですが、ワクチン接種済みの人達の為の指定された座席エリアもあるようです。またコートから約9メートル以内の座席はワクチン接種済みであってもPCR検査陰性証明が必要になります。

2021年4月6日更新

NBA: LAレイカーズ、LAクリッパーズ & NHL: LAキングス、ANAダックス観客動員へ

NBAのLAレイカーズ(4/15~)、LAクリッパーズ(4/18~)、またNHLのLAキングス(4/20~)、アナハイム・ダックス(4/16~)は、それぞれ上記の本拠地(ステープルズセンター、ホンダセンター)での試合から、観客を動員して試合を行うことを発表しました。

これは、各チームが本拠地を置くカリフォルニア州のロサンゼルス郡、オレンジ郡のコロナ感染者数がこの3か月で減少し、この月曜日から4段階の警戒レベルのうち、"レベル2"まで下げられたため、インドアスポーツの集客が可能となりました。つい3週間前に最悪のレベル4からレベル3まで下げられMLB(ドジャーズ、エンゼルス)のホーム開幕戦からの集客、レストラン店内での飲食、テーマパーク、博物館系のオープン許可等の規制緩和があったばかりですが、更なる感染者数の減少が確認されたためカリフォルニア州政府、公衆衛生局は今回の警戒レベル引き下げを決定しました。

また同じカリフォルニア州に本拠を置く、NBAのゴールデンステート・ウォーリアーズ、NHLのサンノゼ・シャークスも現在、州とそれぞれの郡との最終的な話し合いを行っており、近いうちに観客を動員する方向で進んでいるようです。これによりMLBのドジャーズとエンゼルスも定員33%の観客を動員しています。

2021年3月26日更新

いよいよ開幕を目前となったMLBメジャーリーグですが、各球団が現時点での観客動員数のアップデートや実際に試合に行く際のプロトコルを発表し、シングルゲームチケットも売り出されました。

中でも、3か月前まではアメリカ国内でコロナ感染が酷かった都市のロサンゼルス・ドジャースやニューヨーク・ヤンキースもそれぞれ定員の20%の観客を動員すると共に、球場でのプロトコルを発表しましたので、この2球団の対応が一番厳しい入場、観戦に関する規制の基準になると思いますので、簡単に触れておきたいと思います。今後、コロナが収束に近づいても、中には残っていく規制もあるかもしれません。

<ヤンキース、メッツ>
ニューヨークは、入場する際にPCR検査、抗体検査、ワクチン接種のどれかを事前に受けて、「陰性」検査結果の提示を求められます。アメリカでは州ごとに差はあれど、ワクチンを受けるチャンスが、一般にまで広がってきています。「アフターコロナ」で国交が開かれ、自由に渡航できるようになったとしても今後、ワクチン接種の証明書などを持ち歩かないといけないようなことも考えられます。

<ヤンキース、メッツ、ドジャース、エンゼルスなど>
基本的に、球場内全てがコンタクトレスになります。
・駐車券は、前もってアプリで購入、現場では購入不可。
・駐車場開門は試合開始90分前、開場は60分前。
・チケットは、モービルアプリ上のみで購入可。
・バッグ、バックパック、大きめのパース等の持ち込み不可、透明のジップロック(30cmX30cmX15cm)以下のみ持ち込み可。乳児用バッグは持ち込み可ですが、大きさはジップロックに準ずる。
・入場時に検温(NY球団)。
・マスクの着用(ゲーター、バンダナ、バルブ付きのマスク不可)
・座席は2、4、6席で、6フィート離れる。
・コンセッション(飲食物)、チームストアでの購入は、すべてコンタクトレスで、前もってアプリでオーダーしてピックアップに行くもしくは座席まで持ってきてくれる。飲食、チームストアでの支払いはデジタル決済のみ。
・飲食は、自分の座席でのみ可能。
・球場内、駐車場での喫煙不可。

と上記の様になっていますので、今後、これに合わせるつもりで行けば、全球団ともこれ以上に厳しい規制はほぼ無いように思われます。

一応、現時点では主な球団の観客動員の状況は下記の様になっています。
Boston and Washington (12%); Seattle (18.9%); the Chicago Cubs and White Sox, Los Angeles Angels and Dodgers, Oakland, Philadelphia, Pittsburgh, San Diego, and San Francisco (20%); Arizona, Baltimore, Miami and Milwaukee (25%); Minnesota (25.9%); Cincinnati, Cleveland and Kansas City (30%); St. Louis (32%); Atlanta (33%); Tampa Bay (40%); and Colorado (42.6%). Texas Rangers(100%),

いずれにしてもメジャーリーグの開幕が楽しみです!!

2021年3月17日更新

<カリフォルニア州>
ロサンゼルスにある(正確にはオレンジ郡)にあるディズニーランドリゾートが1年ぶりの4月30日に開園することを発表しました。チケットを購入できるのはカリフォルニア州在住者であることや、当然ながら人数制限等のコロナ規制があるなかでの再オープンではありますが大きな前進です。

2021年3月15日更新

<カリフォルニア州>
下記のアップデートにて、カリフォルニア州のコロナ規制緩和のニュースをお知らせいたしましたが、いよいよ現地時間の3月15日月曜日から、映画館、スポーツジム、レストラン店内での飲食等が1年ぶりに解禁となりました。今週中には、水族館や博物館等も屋内展示もオープンになるところが多く見受けられます。
またディズニーランドリゾートも4月末頃に一年ぶりとなる開園を予定しています。(現在はA Touch of Disneyという飲食、ショッピング、園内散策、キャラクターグリーティングのみのチケット制イベントが3/18から開催されます。)

<プロスポーツ>
スポーツでは、現時点でカリフォルニア州に本拠地を置くMLBチームは4月のホーム開幕戦には球場定員の20%の観客を動員して試合が行われることになりました。また先ほどのニュースでワシントンDCに本拠地を置く、ワシントン・ナショナルズも観客を入れることを発表しましたので、MLB全チームが定員の10%~100%の観客を動員して2021シーズンは開幕される予定です。チームによっては試合の三日以内にPCR検査を受けた検査結果の提示を必要としているチームや、同州内の在住の観客のみチケット購入可としているチームなどもあります。

州や郡によって、コロナ感染の状況は様々ではありますが、全体的に明るい方向には進んでいるようです。

2021年3月5日更新・アップデート

<カリフォルニア州・ロサンゼルス>
先ほど、新たなカリフォルニア州のコロナ規制緩和のニュースが発表になり、もし、感染者数が現在のカリフォルニアのペースで減少していけば、感染警戒レベルを一つ下げ、大型テーマパークが定員の15%のお客さんを入れて営業が可能になるというもので、ディズニーランドも早ければ4/1には一年ぶりに再オープン出来るという大きなニュースが流れているようです。

ディズニーランドリゾートも声明を出していますが、具体的な開園日の日程は発表していません。ですが、当然最初はいろいろな規制がある中でのスタートで、ライド等にも限りがあること、またカリフォルニア州の在住者のみ入場可能になる予定にしているとのことです。

いままでの傾向から、ディズニーに合わせてユニバーサルスタジオや、ナッツベリーファームなども動き出すのではないでしょうか。

2021年3月5日 更新

<ネバダ州・ラスベガス>
NHLのラスベガス・ゴールデンナイツが3月1日のミネソタ戦から、アリーナ定員の15%、約2600人の観客を動員して試合が行われました。これは州が発表した「75日間リオープニング(Re-Opening)プラン」の一つです。
ご存じの様にラスベガスは観光都市であり、5つのシルクドゥソレイユ定住ショーを始め、舞台ショー、コンサート、ビジネスコンベンションのメッカでもありますので、大きな会場にお客さんを動員するための動向は、非常に注目されるところです。 これも一つ明るいニュースでした。

他の都市のNBAやNHLの観客を入れ始めるチームもありますが、ここではニューヨーク、ロサンゼルス、ラスベガスなどの様な、沢山のスポーツ、エンターテイメントがある都市のニュースをお伝えしております。

<カリフォルニア州・ロサンゼルス>
スポーツイベントではありませんが、下記の更新の様に、カリフォルニア州のディズニーランドリゾートにあるカリフォルニアアドベンチャーパークが3月18日から「A Touch of Disney」のイベントに合わせ、ユニバーサルスタジオハリウッドテーマパークが、3月12日金曜日から「Taste of Universal」と題したチケット制のイベントが始まることを発表しました(金曜~日曜の週末のみ)。ライド、ショー、アトラクションはオープンしませんが、ユニバーサルスタジオ上階(上階と下階に分かれている)のみを開放、そこにあるレストランオープンしてスタジオ内の雰囲気を感じながら食事が出来る(食べるのは外のみ)という内容です。チケットは$44、子供$25で、このチケットには大人は5つ、子供は3つのフードが含まれています。

コロナの影響で1年間クローズしていたテーマパークが、このような形ででもオープンの方向へ動いているという明るいニュースが聞けることは、とても嬉しいですね。

今後もアメリカ国内のプロスポーツ・イベント・テーマパークなどに関する情報を随時アップデートしてまいります。

2021年2月26日 更新

現在のコロナによるアメリカ国内のスポーツ観戦・エンタメ状況をお知らせさせて頂きたいと思います。当然ながらここに記載している情報がすべてではございませんが、少しでもご参考になればと思います。

日本に先駆けてアメリカでもコロナワクチンの接種が始まりました。医療従事者から始まり、現在は高齢者、学校をオープンするにあたり教育者等が優先的に接種をしておりますが、まだ一般の中年、若年層が接種を受けるにはもう少し時間が必要な様です。ですので、現在スポーツ観戦等において、ワクチンを接種したかどうかで観客動員数を上げたり、入場を優先させたり、それによって感染数の減少しているという判断はされておりません。

2月末現在アメリカのコロナ感染者数、ICU入院者数は、州や都市によって異なりますが2か月前の酷かった時期に比べれば、減少の方向に進んでいるようです。コロナに関する規制は、各州と各郡の衛生局等の判断にゆだねられており、日々変化する数字に対応しています。

昨年からNFL, NBA, NHL,最近ではNFLのスーパーボウルなど、チーム、都市によって、会場の定員の10%~20%位の観客を動員しています。これらは比較的、ニューヨークやロサンゼルスなどの大都市に比べると、人口が少ない、密度が低い都市、何らかの理由でコロナの数字が低い都市、そこそこ数字が高くても州の判断でコロナ予防のプロトコルを作り、イベントを実施している都市(笑)など、広いアメリカの各州、各都市の状況は様々です。

今後、コロナ禍でのスポーツ、エンタメ、テーマパーク等オープンに大きな判断の一つになるのは、ニューヨーク、ロサンゼルスなどの大都市の動向になると思います。ここに来て、両州共に動きが出てきました。

ニューヨーク
昨年当初、もっとも感染者数、死者数が多く大変な都市であったニューヨークですが、クンモ州知事は今年の1月のNFLバッファロー・ビルズのプレーオフ進出から(10%:約7000人)、NY州のスポーツ、エンタメに観客動員、また小さな劇場でのショーやアートイベント等にも試験的に観客を入れるなど、ニューヨークのスポーツ、エンターテイメント、アートなどの全面的な再開へ向けて動き始めています。

また特に私たちに希望が持てるニュースとしては、先日、NBAブルックリン・ネッツ@バークレイセンター(予定より早く)、ニューヨーク・ニックス@マディソンスクエアガーデンで、定員の10%の観客を動員しての試合が試験的に行われました。また現地の今日2/26に行われるNHLニューヨーク・レンジャーズ@マディソンスクエアガーデン、3月からはバッファロー・サブレス@キーバンクセンターにも10%の観客を動員するようです。(今後、NY州の許可が下りれば、10000人以上収容する会場で10%の観客動員の方向で検討されているようです。)

入場するには、試合の72時間以内にCovid19のPCR検査を受け、ネガティブである証明が必要になります。
現在ニューヨークマンハッタンでは、街のいたるところで無料でPCR検査を受けるところが沢山あり、一般市民が簡単に受けることが出来る状況が整っているということから、このような案の実現を助けているようです。先日のNBAの試合会場の外にもRapid PCR検査場(結果がその場で判明する)が設けられたようです。また上記の検査を守りながら、3/5からは映画館も25%のお客を入れての再開が予定されているようです。まだブロードウェイミュージカル再開に関しては具体的なプランは発表されていないようですが、クンモ州知事は上記の取り組みから予定より早い再開に向けて動いているようです。(5月30日まで全てのミュージカルは休演)

カリフォルニア州&ロサンゼルス
昨年12月から1月中旬にかけて、11月末のサンクスギビングデー(感謝祭)の影響からかカリフォルニア州なかんずくロサンゼルス郡はコロナ感染者数が激増しました。ですが、ここ3週間の間にロサンゼルス郡の感染者数、ICU入院者数は減少してきており、2か月前の数から約10分の1の人数まで落ちてきています。州知事のニューソム氏は州の50%以上の数の感染者数があるLA郡の現状を見ながら、規制を緩和していく方向に動いています。

LA郡の幼稚園から小学校は学校区によってバレンタインデーから約一年ぶりに学校をオープン、また中学生も4月頭から再開する予定で進んでいるようです。現在レストランなどは、TOGOと店外で飲食可、水族館、博物館等は屋外でのみ営業可、ジムは屋外のみ、美容室等は営業可、のような状態ですが、近い先にはさらに規制緩和があるようなニュースが聞かれています。

カリフォルニア州、ロサンゼルス郡、オレンジ郡(ディズニーランド、LAエンゼルスがある)のプロスポーツ観戦、エンタメについては、今日現在の時点でNBA、NHL等から具体的な観客動員に関しての規制緩和は発表されていないようです。

またロサンゼルス再生で、一つの大きな目安となるのがディズニーランドや元祖ユニバーサルスタジオなどの大手テーマパークです。ディズニーランドリゾートは3月18日~4月5日まで、「A Touch of Disney」としてカリフォルニアアドベンチャーパーク(ディズニーシーの様にディズニーランドに隣接するディズニーパーク)のショップとレストランをオープン、キャラクターとのミート&グリート、またライドには乗れませんが園内を散策することが出来るというチケット制イベントです。(今年からダウンタウンディズニーの一部として、カリフォルニアアドベンチャー内のショップストリートのみを開放していました)形としては現在、規制を守りながら営業されているショッピングモールをテーマパーク内で再現を試みるような形ですが、多くのディズニーファンにとっては約1年間閉鎖されていたパーク内に足を踏み入れることが出来るという非常に嬉しいイベントです。

上記の様にカリフォルニア州も少しづつですが、スポーツ・エンタメ等再開の方向に進んでいることは私たちにとって非常に嬉しいニュースですね!。

MLB
皆様もご存じの様に、MLBはフロリダ州とアリゾナ州でスプリングトレーニングが行われています。キャンプ中のトレーニングは、ファンは見学することはできませんが、これから始まるオープン戦にはフロリダ&アリゾナ共に球場定員の10%~27%の観客を動員して試合を行うようです。公式戦に関してはMLB、各球団からの発表はまだありませんが、一日でも早く観戦に訪れたい我々ファンにとっては、試験的な観客動員が問題なく進み、開幕には全チームが少しでも多くのファンが観戦できるようになることを祈りたいですね。

今後もアメリカ国内のプロスポーツ・イベント・テーマパークなどに関する情報を随時アップデートしてまいります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名