アトランタ

アトランタには、現在、NFLのアトランタ・ファルコンズ、NBAのアトランタ・ホークス、MLBのアトランタ・ブレーブスがあります。
日本からはデルタ航空が直行便を飛ばしており、乗り換えなしでもいける都市ですので、ちゃんとした情報があれば、初めての人でもいける都市なはずです。
ただ、アトランタは、ニューヨークやロサンゼルスに比べるとやや情報が少なく初めてだとハードルが高いイメージなのかもしれません。そこで、というのもなんですが、アトランタ・ブレーブス、ファルコンズのスタジアムも新しくなったことですし、アトランタを少し歩いてきました。この機会に、アトランタでの観戦をご検討されている方へ、少しでも後押しになれば、幸いです。

アトランタの大まかなエリア

基本的にスポーツ観戦を中心とした目線で、歩いてきていますので、一般的な観光視点ではありません。ですので、詳しい方に言わせると、もっと色々なエリアがある、ということになると思いますが、スポーツの観戦を中心とした場合、以下のエリアを中心に考えてください。

ダウンタウン 

一概にダウンタウンと言っても、かなり広範囲です。そのため、雰囲気の悪いダウンタウンもあれば、雰囲気のよいダウンタウンもある、ということです。
今回、この中でのダウンタウンは、「ピーチツリーセンター駅の周辺エリア」のみをさします。

ダウンタウンは、オリンピック公園を中心に観光スポットは、固まっています。例えば、ワールド・オブ・コカコーラの向かいはジョージア水族館、少ししたところに、CNNセンターと見えます。
フットボールファンであれば、カレッジフットボールの殿堂もこのエリア。
アトランタ・ファルコンズの新しいスタジアムであるメルセデスベンツスタジアムも徒歩圏内となり、NBAのアトランタ・ホークスの本拠地もCNNセンターの隣ですので、徒歩圏内です。

主な観光スポット
オリンピック公園
ワールド・オブ・コカコーラ http://www.worldofcoca-cola.com
ジョージア水族館
CNNセンター
カレッジフットボールの殿堂

ミッドタウンエリア

ダウンタウンから地下鉄で数駅行けば、ミッドタウンのエリア。主にジョージア工科大があるエリアです。
ミッドタウンは「North Ave」駅、「Midtown」駅、「Arts Center」駅の3つがおおよそミッドタウンと呼ばれるエリアの駅となり、行きたい場所によって降りる駅を選ぶという感じです。
例えば、フォックス劇場に行く場合は、「North Ave」駅が最寄りとなります。
ちょっとしたショッピングモールがあるアトランティックステーションなら「Arts Center」駅を使うのが便利です。

主な観光スポット
フォックス劇場
ハイ美術館
アトランティックステーション

バックヘッド

ダウンタウン(ピーチツリーセンター駅)から地下鉄で15分ほど行けば、バックヘッドのエリア。
バックヘッドは高級住宅街のエリアとなり、ショッピングモールも高級ブランドの入ったものがあります。
ちなみにゴールドライン「レノックス」駅、レッドラインだと「バックヘッド」駅が、このエリアに到着するためにダウンタウンエリアから地下鉄でくる場合、降りる駅ですが、特にどちらできても、
この駅間であれば、歩ける距離ですので、そんなに神経質になる必要はありません。

主な観光スポット
レノックス・スクエア

カンバーランド

ダウンタウンから車で20キロほど行くとアトランタ・ブレーブスの本拠地のあるエリアに到着します。このエリアは、カンバーランドと言います。
2018年現在ではまだ発展途上の街というイメージで、公共の交通機関がダウンタウンからつながるものの、時間もかかり、車がないと少しきついといえます。

ブレーブスの本拠地周辺にホテルがあるのと、スタジアム周辺にはお店もありますが、観光などを期待した滞在の場合は、物足りないと感じるはずです。
スタジアムから徒歩15分のところに大き目なショッピングモールもありますが、やはりここだけだと不完全燃焼になるかもしれません。

主な観光スポット
サントラストパーク

空港からホテルへ

全体的な旅費を考えた場合、ホテルのロケーションをしっかり考えることは大切です。
数千円高いというと高いは高いですが、それを節約するために、少し離れたところに取ると、移動費がその数千円になり、時間もかかり、また離れることで周辺が雰囲気が悪くこともあります。
アトランタの場合、空港からダウンタウンエリアへは、地下鉄で行く方法、UBERという配車アプリを使う方法などがあります。

地下鉄

空港からダウンタウンへつながっているので、非常に使いやすい地下鉄です。
料金的にも魅力的ですが、ホテルロケーションが重要です。
アトランタの場合、ピーチツリーセンター駅周辺にホテルも多いです。
例えば、駅を降りたらすぐあるのはエリスホテル、そのホテルの向かいがリッツ・カールトン。
ここを中心にホテルは多くありますので、この辺のホテルに泊まる場合は、地下鉄でもいけると思います。

UBER

道が空いていれば、ダウンタウン、空港間は20分ぐらいの距離ですが、時間帯によっては渋滞がひどいのがアトランタです。
車では時間が読めない可能性があるので、ある程度幅をもたせたい所です。
UBERを使うとおおよそ20ドルが空いている時間帯の料金の目安になります。
これも混んでいると倍以上になることはありますので、使う時間帯によってとしてください。
アトランタのダウンタウンの中は、車のスピードが出づらいようにか、道がでこぼこしています。
車に酔いやすい人は気をつけてください。

アトランタでのスポーツ観戦

アトランタ・ブレーブス観戦

アトランタ・ブレーブスのスタジアムは、ダウンタウンからはかなり離れております。
市バスでの行き方もあるのですが、正直行って、この距離を市バスで行くのは、かなりしんどい、という距離感です。
ダウンタウンからスタジアムまでは25キロほど離れております。
もしダウンタウンからスタジアムへ行く場合は、UBERであれば、混雑する時間帯にもよりますが20ドルから30ドル前後となります。
では、アトランタ・ブレーブスの観戦をするのに、スタジアムの近くに泊まるのはどうか、というのはすごく悩ましいところです。
スタジアムまでの距離は近くなりますが、空港からの距離は相当遠くなります。
アトランタの観光スポット、例えば、コカコーラミュージアムやジョージア水族館等々は、ダウンタウンエリアにあります。
ですので、野球だけのためにアトランタにきて、このエリア以外行かないということであれば、いいかもしれませんが、観光もとなると、移動費が結構かかるかもしれませんので注意が必要です。
サントラストパークのあるエリアは、カンバーランドと言います。
スタジアムの横にオムニホテルもありますが、カンバーランドのエリアには、ショッピングモールがあり、ここスタジアムから歩いて20分ほどの距離です。
ショッピンモールの中にはフードコートもありますので、この辺を拠点にするのもいいかもしれません。

アトランタ・ファルコンズ観戦

アトランタ・ファルコンズの本拠地となるメルセデスベンツスタジアムはダウンタウンにあり、ダウンタウンのエリア内にホテルを取れば、徒歩で十分いけるロケーションです。
グーグルマップなどで検索すると、ファイブポンツ駅から乗り換えで、スタジアムの近くまで来れるのですが、基本的には、ピーチツリー駅周辺にホテルをとって、徒歩で行くのがオススメです。

アトランタ・ホークス観戦

アトランタ・ホークスの本拠地となるフィリプスアリーナはダウンタウンにあり、ピーチツリーセンター駅周辺にホテルを取れば十分徒歩で行けるロケーションです。
アリーナの目の前にも駅がありますが、ピーチツリーセンター駅から来るのであれば、徒歩のほうが雰囲気が良いエリアを歩いてこれると思います。