レジェンドのサインをもらう(買う)⁉

Hall of Fame Weekend期間中は多くのレジェンドがクーパース・タウンに集結しさまざまなイベントに参加し、新メンバーの加入を祝福します。ファンにとりましても多くのレジェンドを目撃できる貴重な場です。

そしてHall of Fame Weekendに参加したレジェンドはファン・サービスの一環としてサイン会を開きますが、厳密にはビジネスの一環かもしれません。

Safe at Home

Safe at Homeという店の企画でピート・ローズ氏、ジョー・モーガン氏、トニー・ペレス氏、アンドレ・ドーソン氏の4氏が店内でサイン会を開催していますが有料です。サインの料金は人物によって異なりますし、サインをするグッズによっても変わります。

店舗の入口
価格表

サインをお金で買う⁉ 2014年に参加した時には「それは無しでしょう」と判断しましたので見送りました。でも今回2019年はサインをもらう(買う)決断をしました。

チケット
サインは店内で行いいますが、入場は店の裏口から入ります

サインを頂いたのはピート・ローズ氏です。野球殿堂入りは果たせませんでしたがメジャーリーグの最多安打を記録しているレジェンドです。お目にかかれる機会はなかなかありません。写真撮影も快く応じて下さいました。

サイン・ボール
写真撮影

Key Bank前

Main St.を歩いているとKey Bankという銀行の前の路上にテントが張られており人だかりができていました。簡易の机と椅子が並べられておりガタイのいい男性が座っています。見覚えのある顔もちらほら。イチロー氏が2001年にマリナーズに加入した時の監督、ルー・ピネラ氏でした。

その他にもデビット・ジャスティス氏、ダリル・ストロベリー氏、ジミー・ハート氏、ケビン・ミッチェル氏、トミー・ラソーダ氏の豪華メンバーです。野球殿堂入りしていない人もいますが、一時代を築いた選手に変わりありません。

ルー・ピネラ氏
サインの価格表

Seven Inning Stretch

Seven Inning Stretchの企画では2名のレジェンドのサイン会が企画されていました。

何気なく通りを歩いていると白髪交じりの小柄な人が通りの簡易の机、椅子に座っていました。ファンが数人いましたが人垣ができるレベルではありませんでした。通り過ぎそうになりましたが、見覚えのある顔、人懐っこい笑顔が引っ掛かりました。

路上でサインをする人物
オジー・スミス氏でした

オジー・スミス氏でした。

カージナルスひと筋の名ショート。守備だけで野球殿堂入りしたと言っても過言ではありません。自分自身がメジャーリーグを見始めた頃にスーパー・スターです。サインをもらう(買う)決断をしました。オジー・スミスさんのサイン会の時間帯をオーバーしていましたが、快く受付けてくれましたし、写真撮影にも応じて下さいました。感激です!

オジー・スミス氏のサイン
オジー・スミス氏と記念写真

もう1名は2019年の新メンバーです。多くのイベントに参加しますので彼がサイン会に参加できるのは最終日(月曜日)でした。店側は新メンバーなだけにチラシを配って一所懸命告知をしています。最終日ならばまだ時間があるので土曜日は見送りました。続きはこの記事の後半で記載します。

サイン会のチラシ
 


アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。