エンゼルスタジアムでサインをもらう!

メジャーリーグに観戦に行くならサインをもらいたい、そんな夢をいだくファンも多いはずです。
特にメジャーリーグはサインをもらいやすいという情報があるので、より期待しちゃいますよね。でも、サインをもらうのってなかなか簡単にはいかないようで、コツは必要です。

せっかくの観戦、経験者の情報を元にエンゼルスタジアムでサインをもらえるコツをご紹介します!

サインの基本的なこと

通常、球場の中でサインをもらう場合、選手の練習中になります。
試合中などもらうのは、ほとんど不可能ですし、終了後もレギュラーシーズンはなかなか難しい。となると、早めに球場へ行って試合前の練習中にもらうのがベストとなります。
ただ、打撃練習ってホームチームのほうが早いんです。
まず、ホームチームが打撃練習をしてから、ビジターチームの打撃練習になります。

エンゼルスタジアムの場合、一番早いゲートのオープンが試合開始の2時間前。このタイミングでは、エンゼルスのほとんどの主力の打者は打撃練習を終了しています。選手によっては開場のタイミングでは、まだ打撃、守備練習をしている場合がありますが、多少の練習時間が前後するため、確実ではありません。となると、時間的に確率が高くなるのは、ビジターチーム。
球場内でもらうとしたら、ビジターチームにターゲットを絞った方が確率は上がります。

試合開始45分前、打撃練習が終わると、係員が自分の席に戻るように指示されてしまいますが、周りのファンの状況や一度戻るフリをして、試合直前の選手がアップする時に帰ってくるなどの状況判断をして、最大限に可能性を広げましょう。決して係員を無視したりして目を付けられないことが大切です。

事前の準備

まず、ビジターチームならユニフォームや帽子など、そのチームのファンだとわかるものは最低限着ていくのがサインゲットの近道か。
エンゼルスタジアムの場合、それほどビジターのユニフォームを着ていて危ないということはありません。
そのため、よほど因縁のない選手以外はビジターチームのユニフォームを着ててまず大丈夫でしょう。
メジャーリーグの球場は、圧倒的にホームのファンが多くなります。
その中でビジターチームのユニフォームを着てるということはかなり目立ちます。
練習中の選手には絶好のアピールになると思います。

自作のメッセージボード、お土産など持って声をかけるのも有効です。
とにかく、声を掛けてみるのが一番です。

やはり黙っているとなかなかチャンスは低いです。
シャイな人は少しがんばって声を掛けてみましょう。

何にサインをもらうか

サインをもらうのは何でもいいと思います。
一般的なのは、MLBの公式球にもらうこと。
事前にいくつかボールを持っていくといいですね。

この他、その選手のベースボールカードや雑誌、ユニフォームや帽子などなど自分の好きなものにサインをしてもらいましょう。
サインしてもらうペンは、サインコレクターによっていろいろ自分なりのこだわりがあるようです。

よく販売されているサインボールなどは、「青のボールペン」で掛かれています。
そのため、青のボールペンでもらう人もいます。

黒のボールペン派の人の説では、「青は保存をしっかりしないと色が抜けやすい」といいます。

実際、湿気は天敵のようで、ケースに入れておかないとせっかくサインしてもらったボールのサインが青にせよ、黒にせよ、かなり薄くなるので、保存方法も大切のようです。

サインペン派もいるようです。サインペンの場合は、色は抜けずらいみたいですね。
ただ、サインペンだと太いので、好みが分かれるみたいです。

何でもいいという場合は、自分のイメージに一番近いペンでもらうといいですね。

観戦日程を決める

サインをもらうことが目的ならできるだけ多くの試合を観戦するに限ります。
そもそもどんなに情報を集めたところで、その日、その日で練習状況も違いますし、基本的に選手も毎日サインをしてるわけではないので、3連戦の試合なら3試合は観戦スケジュールを組みたいところです。
初めていくなら、初日は様子見、2日目、3日目で勝手のわかってきたところで、積極的に動くということもできますし。
いずれにしても1試合でお目当ての選手にサインをもらえたら”ラッキーの中のラッキー”と思っていたほうがよさそです。

座席を決める

エンゼルスタジアムでサインをもらうのに座席は非常に重要です。
このスタジアムはなかなか場内の移動が厳しく、特にフィールドレベルに関しては、各セクションの通路ごとに係員がいて、チケットを試合前の練習から確認しています。そのため、試合前の練習でもそのエリアのチケットが必要になります。

例えば、ビジターダグアウトは1塁側になるのですが、セクション123から126のエリア(ビジターダグアウト上)のチケットを持っていれば、その中の前の列だろうと後ろだろうと何も言われることは、殆どありません。通常のゲームの日は123-129の間は、そのセクションのチケットを持っていないとそのセクション内でフィールドに近づくことができないので注意が必要です。

2018年以降は保護ネットがダグアウト上に張られているので、サインをもらうとすれば、1塁側ならやや外野よりの126-128付近になり、3塁側なら107-109付近になります。

ホームチームの選手にサインをもらうために・・・

どの球場でもホームチームのお目当ての選手から試合前の練習中にサインをもらうのは、至難の技のようです。
でも可能性はゼロではないはず。
1つは、入り待ちという方法があります。
まず、ビジターチームの選手の車、バスは、球場内の駐車場にバスごと入ってしまうので、入り待ちの場合は、お目当てのビジター選手にサインをもらうのはかなり難しいようですが、個人で球場入りする選手は、ホームプレートゲートから歩いて入ってくるので、そこでもらうチャンスもああるようです。しかし、誰が来るのかはわかりません。

逆にエンゼルスの選手の駐車場は、奥まで入らないので、声を掛けられる距離に!
運がよければ、サインに応じてくれるでしょう。
ただ、ナイターでも選手の入りはかなり早いとのこと。待っている人はお昼ぐらいから午後4時くらいまで待っています。(7時5分の場合)

ちなみにトイレはアムトラックの駅と駐車場内に簡易トイレがあります。長期戦の場合は、事前に飲み物やトイレの位置の確認をしておきましょう。

また外野レフトスタンドにあるホーム/ビジターのブルペンです。
丁度セクション101の角にブルペン入り口がありますが、試合前などに、中継ぎ、リリーフ陣がホーム/ビジター問わずサインをしてくれる場合がありますので、ここもサインチャンスがある場所の1つです。

最後は出待ち。エンゼルスの場合は選手駐車場から出てくる所を狙いますが、可能性は低いです。
ビジターチームの場合、大半はバスにて宿舎に帰りますが、個人で帰る選手たちは必ず「ホームプレートゲート」から出て来ることが多く、サインに応じる選手も多数いますので、最後はここを狙ってください。

関連記事

エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム(ロサンゼルス・エンゼルス)

アメリカンリーグ西地区に所属するのがロサンゼルス・エンゼルス。 そのエンゼルスの本拠地となるのがエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムです。 1966年にオープンしたエンゼルスタジアムは、現在、フェンウェイパーク、リグレ …

エンゼルスタジアムの座席ガイド

エンゼルスタジアムは3層のスタジアムになります。 1階席は、100レベル、200レベル、2階席は300レベル、3階席は400レベルと500レベルになります。 1階から入場し、試合前は3階席のチケットでもコンコースは1周で …

キッズ・ラン・ベースを楽しむ

メジャーリーグで特に西海岸のチームは5月から9月の日曜日のデーゲーム終了後に子どもがグランドに降りて、ベースを一周するキッズランベースを実施しています。試合終了後、ほやほやのグランドに立て、しかもベースを一周できるのは、 …

エンゼルスエクスプレスを使う(金曜日のホームゲームのみ)

ロサンゼルスのダウンタウンに滞在し、アナハイムに行く場合、ロサンゼルスのダウンタウンのユニオンステーションから、金曜日のエンゼルスのホームゲームのみ、エンゼルエクスプレスというメトロリンクが運行する列車が運行され、こちら …

ディズニーランド周辺のホテルからエンゼルスタジアムまで歩いてみた

たくさんの方が、エンゼルス観戦とセットで回るアナハイムのディズニーランド。よく、歩けますか?という質問がありますので、歩いてみることにしました。 ディズニーランド周辺のホテルといってもかなり広範囲になりますので、今回は、 …

エンゼルスタジアムの帰りのUBERスポット

近年、UBERの台頭によりタクシーの数が大幅に減っています。 エンゼルスタジアムも例外ではありませんので、UBERの乗り方などは事前に把握しておくほうがいいかもしれません。 スタジアムにはUBERを乗るところが決まってお …

エンゼルスタジアムの帰りのタクシー

エンゼルスタジアムからの帰りをタクシーで考えている場合、近年は、UBERの台頭により、タクシーがかなり少なくなっております。 そのため、球場では終了後、拾えないかもしれません。 球場の回りでタクシーがない場合、アムトラッ …

サインのもらい方 入り待ち エンゼルスタジアム編

少し前ですが、エンゼルスタジアムの入り待ちの情報をご紹介いたします。 基本的には、選手は古い選手しかここではおりませんが、駐車場の作りが変わらない限り、入り待ちのスポットも変わりませんので、トライされる方はトライしてみて …

サインのもらい方 出待ち エンゼルスタジアム編

メジャーリーグを見に行く理由の1つにサインがもらえるかも、という期待に胸を膨らませる人も多いと思います。 サインをもらうのだけは、運の要素が大きいので、その時、その時のタイミングにもよりますが、いろいろなことにチャレンジ …

座席ガイド ダイヤモンドクラブ(エンゼルスタジアム)

メジャーリーグのスタジアムの場合、ダイヤモンドクラブという名称がいくつかのスタジアムでありますが、そのスタジアム、スタジアムでサービスの内容が異なります。西海岸だと、シアトルにダイヤモンドクラブという座席のカテゴリーがあ …

エンゼルス観戦に便利なホテル(アナハイム)

ロサンゼルス・エンゼルスの本拠地となるエンゼルスタジアムは、アナハイムにあります。アナハイムと言えば、ディズニーランドが有名ですが、エンゼルスタジアムは、ディズニーランドからは3キロから5キロぐらい離れています。そのため …

座席ガイド ダイヤモンドフィールドボックス(エンゼルスタジアム)

エンゼルスタジアムで最もフィールドに近く迫力を感じられる座席は、ダイヤモンドフィールドボックスになります。 この座席は、セクション109(3塁側)、127(1塁側)の1列目となり、フィールドに張り出している座席です。 ダ …

座席ガイド フィールドオールスター、フィールドボックス(エンゼルスタジアム)

エンゼルスタジアムでリーズナブルに1階席を観戦しようという場合は、このフィールドオールスター、フィールドボックスが候補になります。 セクション108から101、128から135の外野よりの座席は、フィールドオールスター、 …

座席ガイド テラスレベル(エンゼルスタジアム)

テラスレベルは、1階席のフィールドボックスエリアの後方通路を挟んで約10列のエリアになります。3階席の張り出しがあるので、上に屋根があるイメージになります。 雨の心配はほとんどないロサンゼルスのエリアで最も手ごわいのは、 …

座席ガイド クラブレベル(エンゼルスタジアム)

2階席は、クラブレベルとなります。 スイートなどがあったりするように、1階席、3階席とはまた少し趣向が変わったエリアとなります。 選手を観るということを目的にする場合、クラブ席はやや遠くなります。しかし、クラブ席は、他の …

座席ガイド ロウアービュー(エンゼルスタジアム)

ロウアーなどと付いているので、なれないと1階席かなと思うかもしれませんが、「ビュー」という名の付いている座席は大体上の階層です。 エンゼルスタジアムでも、3階席の前のエリアです。 座席表だと400レベルの座席となります。 …

座席ガイド ビュー(エンゼルスタジアム)

ビューのエリアは、3階席の後方になります。4万5000人以上入るスタジアムの3階席ですので、一番上の方は、さすがに双眼鏡でもないと選手の顔は見えないイメージです。 3階席になると雰囲気を楽しむイメージになり、サインをもら …

座席ガイド パビリオン(エンゼルスタジアム)

エンゼルスタジアムの外野席は、レフト、ライトと座席があります。ブルペンは、ビジター、ホーム共にレフトスタンドの方にあるスタジアムとなります。 センターはモニュメントがあるので、座席はありません。 比較的リーズナブルに買え …

ロサンゼルス・エンゼルスのチケットを公式サイトから買ってみよう!

エンゼルス観戦を思い立って、旅行計画を作り、さて、観戦チケット、というときの選択肢に自身で、公式サイトから購入する方法があります。 ここでは、公式サイトから買う方法をご案内いたします。 チケットの購入 (1)球団のサイト …

エンゼルスタジアムの入待ちレポート(2018年版)

大谷選手が加入したロサンゼルス・エンゼルスの入待ちレポートになります。 試合は、エンゼルス対マリナーズ。 エンゼルスには大谷選手、マリナーズにはイチロー選手がいるカードになりました。 エンゼルスタジアムの入待ちの基本情報 …

エンゼルスタジアムのチームストア レポート(2018年版)

エンゼルスタジアムのチームストアはホームプレートゲート(巨大な帽子のある入口)の右横にあります。 ナイトゲームの場合は、午前10時にお店が開き、試合開始の3時間前に一旦クローズします。開門後は球場内からのみアクセスできま …

大谷選手のボブルヘッド人形配布デー レポート(2018年版)

2018年7月のエンゼルス対マリナーズ戦の目玉の1つが、大谷選手のボブルヘッド人形の配布でした。 事前に確認した情報では、かなりの個数を配布するので、おそらく全員もらえるのではということでしたが、こればかりは、行ってみな …

エンゼルスタジアム内でサインをもらう 2018年版

メジャーリーグの観戦でサインをもらうということは、一大イベントです。 もし、あの選手からサインをもらえたら・・・なんて思うだけで、もう楽しみすぎるというものです。 ただ、エンゼルスタジアムでサインをもらう!でもご紹介して …

エンゼルスタジアムの初観戦証明書をもらう

メジャーリーグのスタジアムを訪れると、初観戦証明書を発行してくれます。 エンゼルスタジアムも発行してくれるスタジアムになります。 場所は、スタジアム内のセクション131から133付近のゲストリレーションセンターとなり、無 …

エンゼルス観戦のためのホテルを検証しよう! エンバシースイーツ・アナハイムオレンジ編

エンゼルスタジアム周辺のホテルの代表格としてエンバシースイーツがあります。エンゼルスタジアムの近くにもエンバシー スイーツ バイ ヒルトン アナハイム オレンジがあります。 エンバシースイーツを運営するヒルトン・ホテルズ …



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名