大興奮のHome Run Derby

大興奮のHome Run Derby

オールスターゲームの前日に開催されるイベントです。両リーグを代表するパワーヒッターがホームランの数を競います。2017年の出場者は以下の通りです。

アメリカン・リーグ

・アーロン・ジャッジ (ヤンキース) 新人

・マイク・ムスターカス(ロイヤルズ)

・ミゲール・サノー(ツインズ)

・ゲーリー・サンチェス(ヤンキース)

ナショナル・リーグ

・ジャンカルロ・スタントン(マーリンズ)2016年の覇者/地元選手

・コーディー・ベリンジャー(ドジャース)新人

・チャーリー・ブラックモン(ロッキース)

・ジャスティン・ボーワ(マーリンズ)地元選手

昨年の覇者のジャンカルロ・スタントンを軸に各チームのホームランバッター、両リーグの期待の新人も参加した見ごたえのあるメンバーでした。外野席はホームランボールをキャッチしようとするファンが群がったためかこのエリアのチケットを持っていないと入場できませんでした。

外野席を埋め尽くしたファン
外野席を埋め尽くしたファン
外野席を埋め尽くしたファン
イベントが始まると外野席への入場を制限

今日の席は一塁側クラブハウスです。(Sec-8Row-HSeat-9)この席もバッターボックスが近くに見える良席です。アメリカン・リーグの選手達が和気あいあいとしているシーンも目撃できました。Home Run Derbyに先立ち両リーグの選手がバッティング練習をしています。チームを代表する選手が集まったバッティング練習は壮観です。観ているだけでワクワクしてしまいます。マスコミの数もハンパではありません。バッターボックス周りはすき間が無いくらいの人でした。これがオールスター!

マスコミの数がすごい!
バッティング練習をするハーパー選手、アレナド選手
練習を見つめるスモーク選手とセール投手
両リーグ選手が混じりあって観戦

バックスクリーンのビジョンでは過去のHome Run DerbyVTRやマーリンズを始めとする有名選手のVTRが放映されています。マウンド付近のステージでは地元のシンガー、ダンサーが場を盛りあげています。そんな中いよいよ出場選手の登場です。ビジョンはその選手の活躍しているシーンを映し出します。派手なアナウンスで紹介された選手がステージにあがり互いにハグや握手し健闘を称えます。

イチロー選手! 出場してなくてもこの映像はうれしい。
過去のHome Run Derbyに出場したミゲール・カブレラ選手のシーン
会場を盛りあげるパフォーマー
Home Run Derbyに出場する選手

さあいよいよHome Run Derbyの開始です。注目は地元選手であり昨年のHome Run Derbyの覇者スタントン選手のパフォーマンスです。ホームランの飛距離が他の選手を圧倒します。そして外野席にホームランボールが飛び込むたびにファンのボール争奪戦が始まります。

スタントン選手のパフォーマンス
ホームランボールの争奪戦
組合せ表
スタントン選手のパフォーマンス

一回戦で最も盛り上がったのは、ジャッジ選手とボーワ選手の対戦でした。レギュラーシーズンにブレークした新人ジャッジ選手の飛距離もスタントン選手に引けを取りません。次々にスタンドにボールを放り込みます。ジャッジ選手の楽勝と思っていましたが、地元ボーワ選手も負けじと次々にホームランを量産します。地元の利を生かし休憩ごとにファンを煽ります。ファンも呼応するように声援を飛ばし、腕を振り上げます。最終的に23本対22本でジャッジ選手が勝利しましたが、最も盛り上がったマッチアップだったと思います。

ジャッジ選手のパフォーマンス
7本目のホームランは501フィートの飛距離!
ジャッジ選手のバッティングを見守るボーワ選手
インフィールドのボールを追う子供たち

最終的に新人ジャッジ選手が見事優勝を勝ち取りました。それにしてもHome Run Derbyでこんなに興奮するとは思いませんでした。TV以上に現場の雰囲気に気分が高揚し満足します。「来てよかった! 観てよかった!」 お金を払う価値があります。是非2018年のオールスターウィークへの参加をお勧めします。

ジャッジ選手がチャンピオンに
トータルで47本のホームランを放つ
アメリカン・リーグの選手に祝福されるジャッジ選手
トロフィーを授与される

 

※この記事は2017年7月10日に観戦した際の情報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)