Uberを利用してみよう

Uberとは

アメリカではUberという送迎サービスが定着しています。登録している一般の自動車をタクシーのように利用できるサービスです。日本語で表現すると「合法の白タク」とも言えます。

Uberをスマートフンにダウンロードしよう

UBERを利用するには、渡米前にご自身のスマートフォンにUberのアプリケーションをダウンロードして下さい。Googleなどの検索エンジンでUberと入力し検索するとUberのサイトが表示されます。

日本語のサイトもありますのでご安心下さい(https://www.uber.com/jp/ja/ride/) 

メニューから「アプリを入手する」を選択しアップルストアからUberのアプリをダウンロードします。

ダウンロードが終了したら個人情報、クレジットカード情報を入力します。これらの情報を登録することでUberの運転手がピックアップの際にUberをリクエストした人の名前などのお客様情報を確認します。また料金も登録したクレジットカードから引き落とされますので現金での支払いが不要です。基本的にチップも支払い必要はありません。

Uberのダウンロードサイトを検索する
Uberのアプリをダウンロードする

 

Uberを起動し配車を手配しよう

アプリを立ち上げ行先を入力すると自分の現在地(立っている場所)の近辺にいるUberに登録している自動車のアイコンが地図に表示されます。その際に目的地までの料金も表示されます。またUberの種類も表示されます。例えば「POOL」と表示された相乗りの自動車と、相乗りを希望しない場合の「uberX」「ブラック」「SUV」などが選択肢として表示されることがあります。数人で乗車し高級車を求めない場合は「uberX」を選択するといいでしょう。

来てほしい自動車のアイコンをクリックし、「UBERを依頼する」をクリックするとその自動車が迎えに来てくれます。画面にはドライバーの名前、車種、自動車のナンバー、ドライバーの評価が表示されます。また地図上には手配した自動車がリアルタイムで移動してくる様子も確認することができます。注意点としましては、Uber手配後にその位置から移動しないでください。Uberのドライバーがあなた(利用者)を見つけることができなくなります。

自動車が到着したら互いに名前、車種を確認し乗車します。行先はアプリに入力すみですからドライバーに告げる必要はありません。料金の支払いもあらかじめ登録したクレジットカードから引き落とされます。つまり目的地に到着するまで何もする必要はありません。

以下のメニューはUberの公式HPに掲載されている画像です。現地(アメリカ)での画像と多少相違があることをご了承願います。

Uberのアプリを立ち上げ行先を入力する
Uberの種類が表示されますので希望する種類を選択します
利用者の近くにいるUber登録の自動車が地図上に表示されます。
手配したUberの情報が表示されます。ドライバーはMarioさん、評価は4.8点、料金は$13.35と確認できる

料金を確認しドライバーを評価しよう

目的地に到着したら直後に登録したメールアドレスに領収書が送信されます。乗車区間、料金が表示されます。最後に「ドライバーを評価する」をクリックし評価点数(5点満点)を選択します。

最初の利用の際は少し不安かと思いますが、慣れると便利な移動手段です。過去に乗車した乗客がドライバーを採点していますので、自動車を選ぶ際の目安にするといいと思います。ドライバーも利用者を評価しますのでUberの手配から下車までドライバーが不快な行動は慎んだ方が得策です。

下車後にメールで届いた領収証
メールをスクロールするとドライバーを評価するメニューが表示される

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)