2021年の野球殿堂入りには誰も選出されず

2021年にアメリカ野球殿堂入りは1月26日(現地時間)に発表されましたが、得票率75%を獲得した人はいませんでした。つまり2021年の殿堂入りは該当者なしでした。

該当者無しは1960年以来でして、通算でも今回が7回目です。最多投票はカート・シリングの71.1%でした。2021年が初年度の候補者でトップはマーク・バーリーの11.0%、次いでトリー・ハンターの5.2%で来年の候補者リストに残った初年度の候補者はこの2名でした。

候補者名

得票率

Curt Schilling

71.1%

Barry Bonds

61.8%

Roger Clemens

61.1%

Scott Rolen

52.9%

Omar Vizquel

49.1%

Billy Wagner

46.4%

Todd Helton

44.9%

Gary Sheffield

40.6%

Andruw Jones

33.9%

Jeff Kent

32.4%

Manny Ramirez

28.2%

Sammy Sosa

17.0%

Andy Pettitte

13.7%

Mark Buehrle

11.0%

Torii Hunter

9.5%

Bobby Abreu

8.7%

Tim Hudson

5.2%

Hall of fame weekend

2021年の野球殿堂入りの式典は7/23~26にクーパーズタウンで実施される予定です。今年殿堂入りする人物はおりませんが、2020年の式典が新型コロナ・ウィルスの感染影響で延期されましたので、デレク・ジーター、ラリー・ウォーカーの殿堂入りを祝う式典として開催される予定です。

(※以上の記事はこちらの記事他を参考にしました。)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名