クリーブランド

オハイオ州クリーブランド。
日本からクリーブランドの空港に行くには直行便はありません。つまり各社のハブ空港を経由して移動する必要があります。かつ東海岸時間帯の都市ですので移動には時間がかかります。
空港からダウンタウンまではRTAの地下鉄レッドラインで移動が可能です。ダウンタウンのホテルロケーションによっては、タクシーを使用せずにこの地下鉄で行くことができます。

多くのイベント会場もダウンタウンに集中している点もクリーブランドの利便性が高い点です。クリーブランドと言えば、この街のDJであったアラン・フリードがロックンロールという呼び名を作ったということでロックの殿堂が五大湖の1つエリー湖のほとりにあります。こちらもダウンタウンの中ですので、徒歩で行くことができます。ただ、冬の寒さは大変なものです。行く時期には十分注意しましょう。

オハイオ
タイムゾーン イースタン
日本との時差 -14時間(サマータイム時は-15時間)
*サマータイムは3月の第二日曜日から11月の第一日曜日までとなります。

クリーブランドの交通機関(空港からダウンタウンへ)

クリーブランド・ホプキンス国際空港はダウンタウンから20キロ前後のロケーションとなります。この空港からダウンタウンへ行くには、タクシーか地下鉄になります。

レッドライン

クリーブランド・ホプキンス国際空港で降りバゲッジクレームでバッグを受け取ると、「Tarin to city」という看板を目にします。その「Train to City」の矢印の方向に進みます。

少し行くと(クリーブランドの空港はそれほど大きくないので、本当に1分、2分ぐらいの感覚です)、エスカレーターで下がるような矢印になるので、エスカレーターで下へ行きます。

すると、Train to Downtownという看板が出てきて、券売機も見えてきます。
この券売機で切符を買い、ダウンタウン行の電車に乗るのですが、空港駅が終点であり始発駅ですので停車している電車に乗ればダウンタウンに行けます。
ここは間違えることはありませんので問題ないと思います。

ダウンタウンの最寄りは、タワー・シティ駅です。
タワー・シティ駅は、ショッピングモールを併用しています。そのため日中は駅に到着しますと多少なりとも人でにぎわうのですが、夜間は閉まっているモール内に到着しますので、その事情を知らないと戸惑うかもしれません。

駅は地下にありますのでエスカレーター、エレベーターで上に上り、出口を探すイメージを持っておくのがいいと思います。

レッドラインの情報: こちらをご覧ください

ダウンタウンの地図
ターミナル・タワー
 

ダウンタウンの夕暮れ
 

ダウンタウンの建物

タクシー

クリーブランドの空港は地下鉄でダウンタウンまで移動可能です。移動の費用を節約するならば地下鉄ですが、これは宿泊するホテルによって事情が変わります。例えば、地下鉄の駅についているリッツカールトン(高級ホテルですので、なんとなく地下鉄でいくような方が宿泊されるタイプのホテルではないのですが、ロケーションとして)やルネッサンス・クリーヴランド・ホテルは地下鉄で十分です。

そのほかのホテルに関しては、地下鉄を降りてから重い荷物を持って多少なりとも歩くことになりますので、タクシーという選択肢もでてきます。当然費用は相当にかかります。

クリーブランドの空港のタクシーは、地下鉄の乗り場と反対側にタクシー乗り場がありますので、空港の案内板に沿って行ってみましょう。国際空港はダウンタウンから20キロ前後のロケーションですので、30ドル前後で行くと思います。

クリーブランドのスタジアム

プログレッシブ・フィールド(クリーブランド・インディアンス)

関連ツアー

【 2020年7月クリーブランド】クリーブランド・インディアンス対ミネソタ・ツインズ観戦ツアー

【 2020年8月クリーブランド】クリーブランド・インディアンス対シアトル・マリナーズ観戦ツアー

【 2020年8月クリーブランド】クリーブランド・インディアンス対ニューヨーク・ヤンキース観戦ツアー

【 2020年9月クリーブランド】クリーブランド・インディアンス対ミネソタ・ツインズ観戦ツアー

【 2020年9月 クリーブランド】クリーブランド・インディアンス対ロサンゼルス・エンゼルス観戦ツアー

【 2020年9月クリーブランド】クリーブランド・インディアンス対ロサンゼルス・エンゼルス観戦ツアー