プログレッシブ・フィールド(クリーブランド・ガーディアンズ)

プログレッシブ・フィールド

アメリカン・リーグの中地区に所属するクリーブランド・ガーディアンズ。

スタジアムの基本情報

球場名 プログレッシブ・フィールド(Progressive Field)
所在地 2401 Ontario St, Cleveland, OH 44115
収容人数 35,051人
天然芝
ダグアウト ガーディアンズが3塁側、ビジターチームが1塁側

入場の際の注意点

開門時間

★土曜日

・全てのゲート:  試合開始時間の2時間前にオープンします。

★日曜日~金曜日(土曜日以外)

・ライト・フィールド・ゲート:  試合開始時間の2時間前。

・その他のゲート : 試合開始時間の1時間前。

・プレミアム・エリア:   試合開始時間の1時間前。

★平日のデイ・ゲーム

・全てのゲート:  試合開始時間の1時間前にオープンします。

持込できるバック

・大きさが40cm×40cm×20cm (16インチ×16インチ×8インチ)以内のバックのみ。

・最近はバッグ・パックの持込を禁止する球場が増えています。ご注意下さい。

ドリンクの持込 

・未開封のペットボトル飲料の持込は可能。サイズは600mℓ(20オンス)以下です。

・ガラス瓶、アルミ缶、アルコール類の持込は不可。

・30歳未満の方は球場内でアルコール飲料を購入する際、年齢を証明する身分証明書を提示する必要があります。

再入場

・指定されたライト・フィールド・ゲートもしくはレフト・フィールド・ゲートから再入場が可能です。

・一旦外出した場合は試合のチケットをスキャンされます。

・ボブルヘッド人形配布などのギブアウエイの日も再入場はできますが退場時にチケットをスキャンしますので複数のお土産をもらうことはできません。

選手のサインのサービス

サインに関するルール  ガーディアンズでは以下の通り公式のサインエリアを指定しています。

・試合開始45分前まで実施します。

・場所はSEC125~134、ならびにSEC169~175。

・サインは選手の裁量で行われますので、サインをもらえることを保証するものではありません。

球場内の施設

医務室

・英語ではFirst Aidと表現する応急処置を行う医務室があります。

・医務室の場所はSEC-125付近にあります。

忘れ物

・英語ではLost and foundと表現します。

・メイン・コンコースのSEC-153 付近もしくはアッパー・コンコースのSEC550のファン・サービス・ブースに問い合わせて下さい。

・忘れ物は30日間は保管して頂けますが、それ以降は慈善団体に寄付されます。

迷子

・英語ではLost Childrenと表現します。

・近くにいる球団スタッフに問い合わせる。もしくはメイン・コンコースのSEC-153 付近もしくはアッパー・コンコースのSEC550のファン・サービス・ブースに問い合わせて下さい。

喫煙

・球場内部は禁煙です。(電子タバコも禁止です)

・入場ゲートの外の指定されたエリアで喫煙が可能です。再入場のために手にスタンプを押してもらって下さい。

・喫煙所は球場の外にあります。ゲートAで再入場のためにチケットをスキャンする必要があります。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

プログレッシブ・フィールド
Average rating:  
 0 reviews

関連記事

ガーディアンズ観戦に便利なホテル

クリーブランドのダウンタウンはそれほど大きくなく、徒歩でも十分、回れる規模の大きさです。そのため、ダウンタウン内にあるホテルであれば、どこに泊まっても特に不便な思いをすることはありません。 プログレッシブフィールドを中心 …

クリーブランド・ホプキンス国際空港からダウンタウンへのアクセス レッドラインを使う

クリーブランド・ホプキンス国際空港に到着すると、まず、空港からギターが目に付きます。クリーブランドは、ロックの殿堂があります。この街のDJであったアラン・フリードがロックンロールという呼び名を作ったということで、クリーブ …

クリーブランド・ホプキンス国際空港からダウンタウンへのアクセス タクシーを使う

クリーブランド・ホプキンス国際空港に到着すると、ダウンタウンまで行く方法は、地下鉄のレッドラインを使うか、タクシー(またはUBER)を使うかになります。この空港はそれほど大きくはないので、タクシー乗り場も地下鉄乗り場もわ …

クリーブランド観光スポット ロックの殿堂(THE ROCK AND ROLL HALL OF FAME AND MUSEUM)

クリーブランドは、ロックの殿堂があります。この街のDJであったアラン・フリードがロックンロールという呼び名を作ったということで、クリーブランドに殿堂があるようですが、音楽が好きな人なら何時間でも入れるような博物館です。料 …

クリーブランド観光スポット アーケード(THE ARCADE)

クリーブランドにはこれという観光スポットがあまりないのですが、ダウンタウンエリアだと、1890年から100年以上あるというアーケードも一見の価値はあるかもしれません。 ハイアットの1階部分がアーケードになっており、雰囲気 …

クリーブランド観光スポット ユニバーシティサークル(UNIVERSITY CIRCLE)

クリーブランドのダウンタウンからヘルスラインという、明らかに他のバスとは少し違う外観のバス的な乗り物に乗って、10分ほど行くと、ユニバーシティサークルというエリアに到着します。 ここには、美術館、自然史博物館(Cleve …



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名