球場内のサインスポット

球場内のサインスポット
球場毎に形状やネットの位置が少しづつ違いますが、それでもサインをもらいやすいスポットは大差がありません。ではサインをもらいやすい場所についてご紹介します。
 
バックネットとベンチの間
ドジャースタジアムのバックネット横

 多くの球場では両ベンチのバックネット側には、選手がロッカールームからベンチに行くための出入口があります。試合前の練習前後は選手が通過する可能性の高いエリアですのでコアなファンはこの場所を確保しようとします。競争率が高いエリアですので開門同時にダッシュが必須。球場によってはそのエリアの座席のチケットを持っていないと入れない可能性がありますので事前調査が重要です。バックネット裏のチケットは値段が高いですが、サインスポットを確保できる可能性が高まります。
 
 
 
 
 
 
 
ベンチの外野に近い方観客席
アストロズのスプリングキャンプ場

 バッティング練習中や練習後、試合開始前のウォーミングアップ後などに短時間ではあるものの選手がサインをする可能性のあるエリアです。ここもフェンスの最前列にいないとサインをもらえる確率が低下します。ここも競争率が高いエリアなので開門同時のダッシュが必須です。そして試合開始までの2時間を待つ忍耐力も必要です。
 
 
 
 
 
 
 
ベンチの上
エンゼルスのスプリングキャンプ場

 球場によっては、ベンチの両サイドの最前列は、そのエリアのチケットを持っていないと係員に入場を止められる可能性があります。その場合はベンチ上の最前列で選手の出入りを待つ方法を取ることもできます。このエリアは選手に直接声をかけサインを求めることになります。サインを交渉する英語力、選手の気を引くパフォーマンス力がサインの確率を高めます。そのような能力を持ち合わせていない方は、アメリカ人の隣に陣取り、彼らに便乗してサインをもらう漁夫の利作戦を取る方法もあります。もしサインに応じてくれた場合には、グッズ(ボールや野球カードなど)とペンをそっと優しく選手に投げて下さい。サインをした後に、それらを投げ返してくれます。この方法は選手にも手間がかかりますので、少数のファンにしかサインは頂けないと思います。
 

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。