エンゼルスタジアムの座席ガイド

エンゼルスタジアムは3層のスタジアムになります。
1階席は、100レベル、200レベル、2階席は300レベル、3階席は400レベルと500レベルになります。
1階から入場し、試合前は3階席のチケットでもコンコースは1周できます。
また外野エリアはフィールド近くまで行き練習を観ることはできますが、1階席の内野よりは、そのエリアのチケットを持ってないと行くことができないスタジアムになりますので、サインなど目的とした観戦の場合は、しっかり座席を選ぶ必要があります。

*球団がシーズンごとにチケットのカテゴリーを変えることがありますので、カテゴリー分けでのセクションは参考程度にご覧ください。

エンゼルスタジアムのトップページへ

ダイヤモンドクラブ

ダイヤモンドクラブは、1階席のバックネット裏のセクション114から122の座席となります。このエリアは、座席の後方にレストランが付いております。
ブッフェ形式の食事を料金を払うことで楽しむことができます。
また入場ゲートもスイートなどと同じゲートから入れますので、プロモーションなどで配布されるボブルヘッド人形などはもらいやすい座席になります。

Diamond MVP
バックネット裏のダイヤモンドクラブのエリアの列C(最前列)は、Diamond MVPという名称が付いています。

Diamond Hall Of Fame
ダイヤモンドクラブの列D~Hのエリアは『Diamond Hall Of Fame』という名称が付いています。

Diamond Club
ダイヤモンドクラブの列J~Wのエリアは『Diamond Club』という名称が付いています。

座席についてもっと知る

 

ダイヤモンドフィールドボックス

ダイヤモンドフィールドボックスは、セクション109と127の前にある1列のみとなり、列番号は「AA」と表記されます。
このスタジアムでグランドレベルに張り出している唯一の座席になり、横は18席あります。
座席番号は、1塁側のホームプレートに近い座席は「1」、3塁側のホームプレートに近い座席は「18」です。

他のエリアの座席に比べるとかなり質のいい座席になっていて、座り心地も非常に良いです。
このエリアの入り口には係員がいるので、ダイヤモンドフィールドボックスのチケットを持ってないと入ることのできないエリアです。

またこのダイアモンドフィールドボックスのチケットを持っていると、バックネット裏にあるダイアモンドクラブレストラン&バーを自由に利用することができるという特典もついており、席が空いていれば、バーカウンターからも観戦することもできます。

座席についてもっと知る

 

フィールドMVP

フィールドMVPは、おおよそ、1塁側、3塁側のダグアウト上付近のエリアになります。
メジャーリーグのダグアウトは横に長いので、端の方は、ベース付近になることもあります。

ダグアウト上は列が削られているので、Row:Cが最前列になります。

Dugout MVP

3塁側のSEC:110から113、1塁側のSEC:123から126の列Cは、Dugout MVPという名称になります。

Field Hall of Fame

3塁側のSEC:110から113、1塁側のSEC:123から126の列DからHは、Field Hall of Fameという名称になります。

Field MVP

3塁側のSEC:109から113、1塁側のSEC:123から127は、Field MVPという名称になります。109と127はAからZ、110から113、123から126は、JからZとなります。

座席についてもっと知る

 

フィールドオールスター、フィールドボックス

セクション106から108、128から130が、フィールドオールスターのエリアです。といっても一番外野よりのセクション130や106はホームプレートは遠いですし、どちらかというと、外野手の選手の守備を見たい場合に選びたい座席のカテゴリーに入ると思います。
このエリアは、Aが最前列になります。一番後はZですので、約25列のエリアです。

フィールドボックスは、101から105、131から135のアウトフィールドの座席になります。

座席についてもっと知る

 

テラスレベル

テラスボックスは、1階席のフィールドボックスエリアの後方通路を挟んで約10列のエリアになります。
3階席の張り出しがあるので、上に屋根があるイメージになります。

雨の心配はほとんどないロサンゼルスのエリアで最も手ごわいのは、暑さ。
ナイターは問題ないですが、夏場のデーゲームは酷暑になることも。

一緒に行く相手があまり野球に興味がなく、しかも試合がデーゲームの場合は、無難に観戦できる座席かもしれません。

Terrace MVP

3塁側のSEC:210から213、1塁側のSEC:222から224は、Terrace MVPという名称になります。

Terrace All Star

3塁側のSEC:206から209、1塁側のSEC:225から228は、Terrace All Starという名称になります。

Terrace Box

3塁側のSEC:201から205、1塁側のSEC:229から233は、Terrace Boxという名称になります。

座席についてもっと知る

クラブ席

2階席は、クラブレベルとなります。
スイートなどがあったりするように、1階席、3階席とはまた少し趣向が変わったエリアとなります。
選手を観るということを目的にする場合、クラブ席はやや遠くなります。しかし、クラブ席は、他の階層と違いこのエリアのチケットを所持しているファンしかコンコースも含めてアクセスができませんので、快適感は抜群に高いエリアになります。

Club MVP

3塁側のSEC:315から322、1塁側のSEC:330から337は、Club MVPという名称になります。

Club All Star

3塁側のSEC:309から314、1塁側のSEC:336から343は、Club All Starという名称になります。

Club Box

3塁側のSEC:301から308、1塁側のSEC:344から351は、Club Boxという名称になります。

座席についてもっと知る

3階席(400レベル)

ロウアーなどと付いているので、なれないと1階席かなと思うかもしれませんが、これは、3階席の前のエリアです。
座席表だと400レベルの座席となります。
大体10列ぐらいのエリアとなり、ROW:Aが一番前。
ロウアービューボックスは3階席の中でも外野よりなので、見やすいという座席の印象はありません。
また、エンゼルスタジアムは、座席ごとの係員のチェックが非常に厳しいので、3階席のチケットを持っていると試合前の練習を1階席で見るのは難しいかもしれませんので、ご注意ください。

Lower View MVP

SEC:411から426は、Lower View MVPという名称になります。

Lower View All Star

3塁側のSEC:408から410、1塁側のSEC:427から429は、Lower View All Starという名称になります。

Lower View Box

3塁側のSEC:401から407、1塁側のSEC:430から436は、Lower View Boxという名称になります。

座席についてもっと知る

3階席(500レベル)

ビューのエリアは、3階席の後方になります。4万5000人以上入るスタジアムの3階席ですので、一番上の方は、さすがに双眼鏡でもないと選手の顔は見えないイメージです。

3階席になると雰囲気を楽しむイメージになり、サインをもらう、選手を近くで見るという目的の場合は、少しかけ離れてしまいます。

View MVP

SEC:513から528は、View MVPという名称になります。

View All Star

3塁側のSEC:508から512、1塁側のSEC:529から533は、View All Starという名称になります。

Upper View

3塁側のSEC:501から507、1塁側のSEC:534から540は、Upper Viewという名称になります。

座席についてもっと知る

外野席

エンゼルスタジアムの外野席は、レフト、ライトと座席があります。ブルペンは、ビジター、ホーム共にレフトスタンドの方にあるスタジアムとなります。
センターはモニュメントがあるので、座席はありません。
比較的リーズナブルに買える座席ではありますが、日当たりが良好のため、デーゲームのご観戦は注意してください。

レフトフィールド・ファミリーパビリオン

レフトフィールド・ファミリーパビリオンは、レフト側の外野席になります。このエリアは、前にブルペンがあるので、一番前でもフィールド近くというイメージにはなりません。

ライトフィールド・パビリオン

ライトフィールド・パビリオンはライト側外野席の後方のエリアです。
座席表だと241から249のエリアとなり、座席は1席、1席独立していますが、日当たりが良いため、真夏は暑く感じそうです。
列の表示はアルファベットで、A、B、Cという順にフィールドから遠くなります。

ライトフィールドMVP

MVPが付いているので、なんかいい座席と思ってしまいそうですが、ライト側外野席の前方のエリアです。エンゼルスタジアムがライト側のフェンスが高くなっているので、このエリアからサインをもらうのは可能性が少ないと思われます。
同じ外野からの見え方でもフィールドボックスの135などは、フェンスが非常に低いので、サイン狙いならフィールドボックスです。

座席についてもっと知る

関連記事

エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム(ロサンゼルス・エンゼルス)

アメリカンリーグ西地区に所属するのがロサンゼルス・エンゼルス。 そのエンゼルスの本拠地となるのがエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムです。 1966年にオープンしたエンゼルスタジアムは、現在、フェンウェイパーク、リグレ …

キッズ・ラン・ベースを楽しむ

メジャーリーグで特に西海岸のチームは5月から9月の日曜日のデーゲーム終了後に子どもがグランドに降りて、ベースを一周するキッズランベースを実施しています。試合終了後、ほやほやのグランドに立て、しかもベースを一周できるのは、 …

エンゼルスエクスプレスを使う(金曜日のホームゲームのみ)

ロサンゼルスのダウンタウンに滞在し、アナハイムに行く場合、ロサンゼルスのダウンタウンのユニオンステーションから、金曜日のエンゼルスのホームゲームのみ、エンゼルエクスプレスというメトロリンクが運行する列車が運行され、こちら …

エンゼルスタジアムでサインをもらう!

メジャーリーグに観戦に行くならサインをもらいたい、そんな夢をいだくファンも多いはずです。 特にメジャーリーグはサインをもらいやすいという情報があるので、より期待しちゃいますよね。でも、サインをもらうのってなかなか簡単には …

ディズニーランド周辺のホテルからエンゼルスタジアムまで歩いてみた

たくさんの方が、エンゼルス観戦とセットで回るアナハイムのディズニーランド。よく、歩けますか?という質問がありますので、歩いてみることにしました。 ディズニーランド周辺のホテルといってもかなり広範囲になりますので、今回は、 …

エンゼルスタジアムの帰りのUBERスポット

近年、UBERの台頭によりタクシーの数が大幅に減っています。 エンゼルスタジアムも例外ではありませんので、UBERの乗り方などは事前に把握しておくほうがいいかもしれません。 スタジアムにはUBERを乗るところが決まってお …

エンゼルスタジアムの帰りのタクシー

エンゼルスタジアムからの帰りをタクシーで考えている場合、近年は、UBERの台頭により、タクシーがかなり少なくなっております。 そのため、球場では終了後、拾えないかもしれません。 球場の回りでタクシーがない場合、アムトラッ …

サインのもらい方 入り待ち エンゼルスタジアム編

少し前ですが、エンゼルスタジアムの入り待ちの情報をご紹介いたします。 基本的には、選手は古い選手しかここではおりませんが、駐車場の作りが変わらない限り、入り待ちのスポットも変わりませんので、トライされる方はトライしてみて …

サインのもらい方 出待ち エンゼルスタジアム編

メジャーリーグを見に行く理由の1つにサインがもらえるかも、という期待に胸を膨らませる人も多いと思います。 サインをもらうのだけは、運の要素が大きいので、その時、その時のタイミングにもよりますが、いろいろなことにチャレンジ …

座席ガイド ダイヤモンドクラブ(エンゼルスタジアム)

メジャーリーグのスタジアムの場合、ダイヤモンドクラブという名称がいくつかのスタジアムでありますが、そのスタジアム、スタジアムでサービスの内容が異なります。西海岸だと、シアトルにダイヤモンドクラブという座席のカテゴリーがあ …

エンゼルス観戦に便利なホテル(アナハイム)

ロサンゼルス・エンゼルスの本拠地となるエンゼルスタジアムは、アナハイムにあります。アナハイムと言えば、ディズニーランドが有名ですが、エンゼルスタジアムは、ディズニーランドからは3キロから5キロぐらい離れています。そのため …

座席ガイド ダイヤモンドフィールドボックス(エンゼルスタジアム)

エンゼルスタジアムで最もフィールドに近く迫力を感じられる座席は、ダイヤモンドフィールドボックスになります。 この座席は、セクション109(3塁側)、127(1塁側)の1列目となり、フィールドに張り出している座席です。 ダ …

座席ガイド フィールドオールスター、フィールドボックス(エンゼルスタジアム)

エンゼルスタジアムでリーズナブルに1階席を観戦しようという場合は、このフィールドオールスター、フィールドボックスが候補になります。 セクション108から101、128から135の外野よりの座席は、フィールドオールスター、 …

座席ガイド テラスレベル(エンゼルスタジアム)

テラスレベルは、1階席のフィールドボックスエリアの後方通路を挟んで約10列のエリアになります。3階席の張り出しがあるので、上に屋根があるイメージになります。 雨の心配はほとんどないロサンゼルスのエリアで最も手ごわいのは、 …

座席ガイド クラブレベル(エンゼルスタジアム)

2階席は、クラブレベルとなります。 スイートなどがあったりするように、1階席、3階席とはまた少し趣向が変わったエリアとなります。 選手を観るということを目的にする場合、クラブ席はやや遠くなります。しかし、クラブ席は、他の …

座席ガイド ロウアービュー(エンゼルスタジアム)

ロウアーなどと付いているので、なれないと1階席かなと思うかもしれませんが、「ビュー」という名の付いている座席は大体上の階層です。 エンゼルスタジアムでも、3階席の前のエリアです。 座席表だと400レベルの座席となります。 …

座席ガイド ビュー(エンゼルスタジアム)

ビューのエリアは、3階席の後方になります。4万5000人以上入るスタジアムの3階席ですので、一番上の方は、さすがに双眼鏡でもないと選手の顔は見えないイメージです。 3階席になると雰囲気を楽しむイメージになり、サインをもら …

座席ガイド パビリオン(エンゼルスタジアム)

エンゼルスタジアムの外野席は、レフト、ライトと座席があります。ブルペンは、ビジター、ホーム共にレフトスタンドの方にあるスタジアムとなります。 センターはモニュメントがあるので、座席はありません。 比較的リーズナブルに買え …

ロサンゼルス・エンゼルスのチケットを公式サイトから買ってみよう!

エンゼルス観戦を思い立って、旅行計画を作り、さて、観戦チケット、というときの選択肢に自身で、公式サイトから購入する方法があります。 ここでは、公式サイトから買う方法をご案内いたします。 チケットの購入 (1)球団のサイト …

エンゼルスタジアムの入待ちレポート(2018年版)

大谷選手が加入したロサンゼルス・エンゼルスの入待ちレポートになります。 試合は、エンゼルス対マリナーズ。 エンゼルスには大谷選手、マリナーズにはイチロー選手がいるカードになりました。 エンゼルスタジアムの入待ちの基本情報 …

エンゼルスタジアムのチームストア レポート(2018年版)

エンゼルスタジアムのチームストアはホームプレートゲート(巨大な帽子のある入口)の右横にあります。 ナイトゲームの場合は、午前10時にお店が開き、試合開始の3時間前に一旦クローズします。開門後は球場内からのみアクセスできま …

大谷選手のボブルヘッド人形配布デー レポート(2018年版)

2018年7月のエンゼルス対マリナーズ戦の目玉の1つが、大谷選手のボブルヘッド人形の配布でした。 事前に確認した情報では、かなりの個数を配布するので、おそらく全員もらえるのではということでしたが、こればかりは、行ってみな …

エンゼルスタジアム内でサインをもらう レポート(2018年版)

メジャーリーグの観戦でサインをもらうということは、一大イベントです。 もし、あの選手からサインをもらえたら・・・なんて思うだけで、もう楽しみすぎるというものです。 ただ、エンゼルスタジアムでサインをもらう!でもご紹介して …

エンゼルスタジアムの初観戦証明書をもらう

メジャーリーグのスタジアムを訪れると、初観戦証明書を発行してくれます。 エンゼルスタジアムも発行してくれるスタジアムになります。 場所は、スタジアム内のセクション131から133付近のゲストリレーションセンターとなり、無 …

エンゼルス観戦のためのホテルを検証しよう! エンバシースイーツ・アナハイムオレンジ編

エンゼルスタジアム周辺のホテルの代表格としてエンバシースイーツがあります。エンゼルスタジアムの近くにもエンバシー スイーツ バイ ヒルトン アナハイム オレンジがあります。 エンバシースイーツを運営するヒルトン・ホテルズ …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名