ロサンゼルスエリアでPCR検査ができる場所(エンゼルス観戦2022シーズン)

2022年5月現在、日本へ帰国するには、出発時刻の72時間前以内に受けたPCR検査の陰性証明書が必要になります。これは、日本の「国」のルールであり、航空会社が定めたものではありません。
そのため、陽性になった時点で、航空会社に何を言っても航空会社の責任では対応できるレベルではありません。また旅行会社も同様です。
現状、海外旅行最大の壁は、この帰国の際の陰性証明書になります。
万が一、陽性の場合は、基本的には実費にて陰性証明が取得できるまでアメリカに滞在することになります。これは隔離ではなく、自身ですべてホテルなどを予約しないといけません。
まずはこの点を十分理解した上で旅行の準備を進めるようにしてください。

特にエンゼルスを観戦する場合、エンゼルスタジアムの周辺には、厚労省書式証明書発行をしてくれるクリニックなどがないので、非常に手間です。
ロサンゼルス国際空港(LAX)にある検査場でもすぐ結果が出るわけではなく、領事館のサイトによると、「RT-PCR可能。抗原(Antigen)検査は定量検査でないので日本入国用には不適、との記載があり、不安が残ります。

3泊5日の旅行であれば、到着後、PCR検査を受けて、観戦という流れも可能ですが、それ以上の旅程で旅行をお考えの場合は、半日はPCR検査で時間がかかる覚悟は必要になります。

在ロサンゼルス日本国総領事館のホームページに公表されているPCR検査は以下になります。
基本的には事前予約が必要になりますが、日によってはかなり先でも予約がいっぱいになっていることもあります。このPCR検査は日本から行く人だけが使うわけではなく、この2年半近く日本に行くことのできなかったロサンゼルスに滞在している日系の方も使います。特に6月からは夏休みシーズンです。旅行を決めたら、まず帰国便のPCR検査の予約から、ぐらい重要になりますので、ご自身が受けるPCR検査のクリニックなどを選定しておいてください。

在ロサンゼルス日本国総領事館のホームページ

厚生労働省書式または同等の内容で72時間以内に検査証明書の発行が可能な医療機関

というリンクから最新の情報をご確認いただけます。

代表的なクリニックの例

ニューサンライズクリニック(新井孝幸先生)
http://www.nsrclinic.com/
場所は、ロサンゼルスのダウンタウンエリアになります。

料金は185ドル(約25000円)になります。
当日払いは現金のみとなり、クレジットカードの場合は前もって連絡が必要です。このクリニックであれば、基本的には15分前後で結果が出ます。
15分前後で終わらせるために、事前にクリニックのほうで、書類を作成する準備が必要になる関係上、

パスポートの顔写真ページのコピー
日本の住所
日本での電話番号

をEメールでクリニックに送る必要があります。
駐車場で採取するので、車でも行きやすいクリニックです。
紙でもらうことができるのでご自身でプリントアウトする手間はありません

Clarity Mobile Labs(ロサンゼルス国際空港)

ここが空港(LAX)にあるPCR検査場になります。

「RT-PCR可能。抗原(Antigen)検査は定量検査でないので日本入国用には不適。
厚労省書式と同等内容の証明書発行可能。パスポート番号、国籍を予約時に追加入力する必要あり」

と言うように、このようなところで検査をする場合は、ご自身での確認が必須になるのと、プラス有料の「急ぎ」にしてもらうと3時間から5時間でメールで送られてくるとなっています。
アメリカだと、5時間と言っても7時間以上かかることもあったり、場合によっては、間違えた検査法や記載ミスなどがある可能性もあるので、細かく確認しないといけないのが、このようなところで受けるPCR検査になります。
また、メールできたPDFなどのデータをご自身でプリントしないといけません。

Clarity Mobile Labs
所在地:Terminal 2, Terminal 6 and Tom Bradley International Terminal, Los Angeles
International Airport, 1 World Way, Los Angeles, CA 90045
電話:(424) 419-1381

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名