トロント・ブルージェイズは、カナダのオンタリオ州トロントに本拠地を置くアメリカンリーグの東地区の球団です。
メジャーリーグの球団の中で唯一のカナダのチームです。

ブルージェイズが最も輝いたのは、1992年、1993年にワールドシリーズ2連覇を成し遂げた時期になります。
1990年、1991年と好調なシーズンを過ごしたもののワールドシリーズ進出とはなりませんでしたが、1992年、リーグチャンピオンシップシリーズでアスレチックスに1勝2敗から3連勝し、勢いそのまま初の栄冠を勝ち取りました。
翌1993年、2年連続でワールドシリーズに進んだブルージェイズ。第6戦で王手をかけ、そしてジョー・カーターのサヨナラ逆転3ランで2連覇を達成。まさに歴史に残る劇的な幕切れになりました。

ブルージェイズの本拠地となるロジャースセンターは、トロントのダウンタウンにあり、開閉式のドームのため、天候に左右される心配もありません。
トロントには直行便も飛んでおり、日本からはアクセスしやすい街の1つです。
観光も郊外にナイアガラの滝があり、トロントからは約2時間。夏は非常に魅力的な滞在都市になります。

永久欠番

12 ロベルト・アロマー
32 ロイ・ハラデイ
42 ジャッキー・ロビンソン

ワールドシリーズ優勝
1992年 1993年

ホームでの試合
スケジュール