MLBポストシーズンを観戦しよう

メジャーリーグは、レギュラーシーズンが終了すると、すぐポストシーズンというプレーオフが始まります。
ここでは、ポストシーズンの仕組みをご紹介します。

ワイルドカードゲーム

1試合のみの一発勝負

アメリカンリーグ、ナショナルリーグ各々で地区優勝チームを除く12チーム中の勝率の高い2チームがワイルドカードゲームに進出します。
ワイルドカードゲームは1試合のみ開催されます。ゲームは勝率の高いチームのホーム球場で開催されます。勝率が同率の場合は2チームの直接対決で勝率の高いチームのホーム球場で開催されます。

ディビジョンシリーズ

5戦制で3勝先勝

アメリカンリーグ、ナショナルリーグ各々の地区優勝チームで一番勝率の高いチームとワイルドカードゲームの勝者が対戦し、地区優勝のチームのホーム球場から開催されます。残りの2チームについては勝率の高いチームのホーム球場から開催されます。ゲームは5試合制で2試合(勝率の高いチームのホーム球場)、2試合(勝率の低いチームのホーム球場)、1試合(勝率の高いチームのホーム球場)の順で開催され先に3勝したチームが勝ち上がります。

リーグチャンピオンシップシリーズ

(アメリカンリーグとナショナルリーグの勝者を決める戦い)

7戦制で4勝先勝

ディビジョンシリーズを勝ち上がったチーム同士が7試合制で戦い先に4勝したチームが勝ち上がります。
ゲームは2試合(勝率の高いチームのホーム球場)、3試合(勝率の低いチームのホーム球場)、2試合(勝率の高いチームのホーム球場)の順で開催されます。
ただしワイルドカードゲームから勝ち上がったチームが、地区優勝チームよりも勝率が高い場合でも、このケースでは地区優勝チームのホーム球場から試合が始まります。

ワールドシリーズ

(ワールドチャンピオンを決めるための戦い)

7戦制で4勝先勝

リーグチャンピオンシップシリーズを勝ち上がったアメリカンリーグとナショナルリーグのチーム同士が7試合制で戦い先に4勝したチームがワールドチャンピオンです。

関連記事

MLBポストシーズン観戦記

ここでは私が実際に実行した3泊5日の旅。 3日間で3球場のプレイオフ観戦をご紹介します。まず2007年のディビジョンシリーズの組合せは以下の通りでした。 ・ニューヨーク・ヤンキース VS クリーブランド・インディアンス …



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名