興奮必至! 野球殿堂入りした選手のパレードを観よう!

Hall of fame awards presentationにつづいて土曜日の18:00から「Hall of fame parade of legends」が開催されます。毎年野球殿堂入りした選手が集いクーパーズタウンの公道を封鎖し、トラックに乗って沿道のファンに顔見せをするイベントです。

レジェンド達が一堂に会する貴重なイベントです。これだけ多くのレジェンドが同時に集まることは他のイベントではないと思います。興奮必至です!!

パレードのスタートはダブルディ・フィールドです。野球場の外野フェンスに沿ってパレード用のトラックが並んでいます。レジェンド達はこのトラックに乗り込みChestnut St.を直進しMain St.との交差点を右折し野球殿堂博物館の前でトラックを降ります。距離にすると約500mです。

パレードのコース
パレードコースであるメイン・ストリート

2014年にパレードを観た時はChestnut St.の沿道を選びました。理由はMain St.が人であふれ返っておりゆっくりパレードが観れないと判断したからです。しかし今回(2019年)はあえてMain St.での見学にチェレンジしました。

Chestnut St.は当日でも比較的空いているので最前列でゆっくり観れる(2014年)
Main St.はご覧の通り何重もの人だかりが!(2019年)

結果は予想通り沿道に人垣ができ入る余地がありません。まず最前列から3列程度はファンが持参した椅子が並べられています。この椅子の後ろに何重もの人垣ができるのです。

パレードの前日朝の時点で場所取りが始まっていました。野球殿堂博物館ではこの前日の場所取りを禁止していません。椅子やシートを置いてペーパーに名前を書いておいておきます。自己責任ですので盗まれてもクレームをつけることはできませんが、私が観る限りトラブルはありませんでした。

野球殿堂博物館の正面玄関前はご覧の通り
椅子を並べて場所を確保するファン
椅子を並べて場所を確保するファン
場所取りをするファンに中にあの人を発見!(笑)

野球殿堂博物館の係員に前日から場所取りをする理由を質問したところ、パレードのゴール地点は野球殿堂博物館の正面玄関であり、トラックから降りたレジェンド達が厚意でサインをするそうです。熱心なファンはこれを求めて前日から場所を確保しています。

パレード当日! 実際レジェンド達がサインをするのはトラックを降りた野球殿堂博物館正面玄関周辺でした。サインをもらえる保障はありませんが、少しでも確率を高めるためにファンは努力を惜しみません。脱帽です!

トラックを降りてサインをするペドロ・マルチネス氏
トラックを降りてサインをするカル・リプケン氏
マイク・ムッシーナ氏
トラックを降りたマリアーノ・リベラ氏

パレードに話を戻します。次々とトラックがやってきます! トラックの屋根の部分にレジェンドの名前が書いてありますので、顔が認識できなくても誰が乗車しているのかはわかります。名前を見つけただけでも興奮状態です。2019年は30台くらいはあったでしょうか。

野球殿堂博物館に到着したトラック
トニー・ペレス氏のトラック
フィル・二―クロ氏のトラック
レジ―・ジャクソン氏のトラック

でも! 2014年と大いに違う点がありました。

通常ならばレジェンドは家族とトラックの荷台に積まれた長椅子に座ってパレードをします。サービス旺盛なレジェンドは立ち上がって沿道の両サイドに手を振ってアピールをしてくれます。

2014年のパレードからグレッグ・マダックス夫妻
2014年のパレードから、ファンサービスをするジョニー・ベンチ氏
 

パレードの一コマ
 

パレードの一コマ
 

パレードの一コマ
 

パレードの一コマ

今回は荷台に長椅子はセットされていましたが、トラックの座席に座っています。顔が見えません。パフォーマンスも観れません。またトラックのスピードも2014年に比べて速いものでした。ですので2014年は1時間以上、1時間半近く行われたパレードが2019年は45分で終了してしまいました。

あっけない! なぜ?

実はパレードが行われる時間の天気予報が雷を伴う雨だったため主催者はレジェンドとファンの安全を優先しこのように判断したようです。結果的には雨は降りませんでした。今年は運が悪かったと言えばそうかもしれません。でもパレードは行われましたし観れました。中止にはなりませんでした。

この経験は、「また来いよ! 2025年にも来いよ!」というメッセージとして受け取ることにします。そんなHall of fame parade of legendsを皆様にも経験して頂きたいものです。

 

※2019年7月19日〜22日に訪問し収集した情報を掲載しています。

関連記事

アメリカ野球殿堂博物館(National Baseball Hall of Fame and Museum)

 メジャーリーグで活躍した選手、メジャーリーグに貢献した人物に敬意を表し功績を称えるために設立された博物館がニューヨーク州クーパースタウンにあります。3階建のレンガ造りの建物内部には、これまでに野球殿堂入りした歴代の選手 …

クーパーズタウンへの行き方(飛行機&レンタカー)

メジャーリーグ観戦が好きな方は、おそらくアメリカ野球殿堂博物館(クーパースタウン)にも足を運んでみたいと思っていると思います。日本の野球殿堂博物館は東京ドームにありますので、交通の便を心配する必要はありませんが、クーパー …

クーパースタウンへの行き方(バス)

メジャーリーグ観戦が好きな方は、おそらくアメリカ野球殿堂博物館(クーパースタウン)にも足を運んでみたいと思っていると思います。日本の野球殿堂博物館は東京ドームにありますので、交通の便を心配する必要はありませんが、クーパー …

Hall of Fame Weekend期間中にクーパースタウンに行く

アメリカの野球殿堂博物館があるクーパーズタウン。メジャーリーグファンの方は一度は訪れてみたい地ですね。その野球殿堂博物館の最大のイベントが「Hall of Fame Weekend」と言っても過言ではないと思います。 野 …

野球殿堂博物館のミュージアム・ストアでお土産を買う!

野球殿堂博物館には1Fの正面玄関からロビーに入ると右手にミュージアム・ストアがあります。このエリアは野球殿堂博物館の入場券を買わなくても入ることができます。 最近のメジャーリーグの球場にあるチーム・ストアと比較しますと天 …

Hall of fame awards presentationを観よう

Hall of Fame Weekendのイベントの一つに「Hall of fame parade of legends」が夕刻に行われますが、その前にパレードに参加するレジェンド達はダブルディ・フィールドで開催される「 …

クーパーズタウンの駐車場

クーパーズタウンに行く方法として以前の記事で以下の2つをご紹介しました。ニューヨークのマンハッタンからバスを乗り継いで行くことはできますが、1日に1便しかありませんし、バスの到着時間が夕方ですのでクーパーズタウンに宿泊先 …

クーパーズタウンでお宝を物色しよう!

クーパーズタウンのMain St.には3ブロックに渡ってさまざまなショップが軒をならべています。レストランやバーなどもありますが、メジャーリーグ・ファンの皆様は野球関連のグッズ販売店が最も気になることと思います。それでは …

レジェンドのサインをもらう(買う)

Hall of Fame Weekend期間中は多くのレジェンドがクーパーズタウンに集結しさまざまなイベントに参加し、新メンバーの加入を祝福します。ファンにとりましても多くのレジェンドを目撃できる貴重な場です。 そしてH …

Hall of Fame Weekend中の宿泊先問題

クーパーズタウンのダウンタウンにいくつか宿泊施設はあります。US88号線の17番出口からクーパーズタウンに向かう28号線沿線にもホテルやモーテルなどの宿泊施設は有ります。     Hall of Fame Weekend …

Hall of Fame Weekend中の食事

クーパーズタウンのダウンタウンにはレストランやスポーツ・バーがありますが、Hall of Fame Weekend中は来場者が多いのでこれらの施設は混みます。また時間がもったいないので、ゆっくりレストランで食事を楽しむ気 …

ダブルデイ・フィールド(Doubleday Field)

クーパーズタウンにある野球場となり、1940年から2008年までメジャーリーグのチーム同士がHall of Fame Game(奉納試合)を行っていました。 (最後の年のカブス対パドレスは雨で中止) 野球殿堂博物館のすぐ …



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名