クアーズフィールドの名所 304-5-1 / クアーズフィールドでの大谷翔平選手の打撃練習時のホームランボール着弾座席

2021年のオールスター開催地に急遽決まったコロラド州デンバーにあるクアーズフィールド。
このクアーズフィールドと言えば、大谷翔平選手が2018年のバッティング練習時に3階席に打ち込んだという「伝説」が誕生した球場でもあります。
そのクアーズフィールドの大谷選手が打ち込んだ場所へ行ってきましたので、そのレポートをご紹介します。

まずは、実際の映像を見てみましょう。

少しクアーズフィールドについてご紹介したいと思います。
この球場は、標高が高いところにあるため、打球が飛びます。そのため、打者有利のスタジアムと言われています。
この地で唯一、ノーヒットノーランを成し遂げたのは、野茂英雄投手です。
今もなお色あせることない快挙として、MLBファンの脳裏に焼き付いている瞬間ですね。

例えば2018年のロッキーズの主な主力打者であるトレバー・ストーリーは2018シーズンは37本の本塁打を放ち、ノーラン・アレナドは、38本、チャーリー・ブラックモン29本という成績を残しています。
アレナドは、この年のナショナルリーグのホームラン王のタイトルを獲得しています。

ですので、ボール自体は飛びやすい球場ではありますが、この2018年の主力の誰一人として、大谷選手が打ち込んだ3階席までは打ち込んだことはないとのこと。
いかに、現地のファンの度肝を抜くような打球か想像できますね。

さて、大谷選手が実際打ち込んだ場所ですが、

セクション304
列5
座席番号1

が目印になります。
座席表はこちら

ボールの跡が残っていました。

もしクアーズフィールドに行く機会があれば、フェンウェイパークのローン・レッド・シートぐらいの名所のつもりで行ってみてください(笑)

関連記事

クアーズ・フィールド(コロラド・ロッキーズ)

クアーズ・フィールドは、コロラド・ロッキーズの本拠地となります。 標高が高いところにあるため、打球が飛びます。そのため、打者有利のスタジアムと言われています。この地で唯一、ノーヒットノーランを成し遂げたのは、野茂英雄投手 …

デンバー国際空港からダウンタウンへの行き方(公共交通機関)

デンバー国際空港からデンバーのダウンタウンは、約40キロほど離れています。空港からの移動方法としては、タクシー、UBERのほか、公共交通機関では、コミュータートレイン(列車)があります。列車の場合、ダウンタウンのユニオン …

コミュータートレイン(デンバー)の切符の買い方

デンバー国際空港からダウンタウンへは、コミュータートレインで40分ほどになります。ここでは、切符の買い方をご案内いたします。 切符の買い方 コミュータートレインでダウンタウンまで行く場合、料金が10.50ドルとなり、所要 …

デンバー市内の移動(フリー・モールライド)

デンバーのダウンタウンには無料で乗車できるバスが走っています。 宿泊先のホテルにユニオン・ステーションから移動する場合やクアーズ・フィールドへの移動、観光などには便利なバスです。 フリー・モールライドのルート このバスは …

“クアーズフィールドの名所 304-5-1 / クアーズフィールドでの大谷翔平選手の打撃練習時のホームランボール着弾座席” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名