アリゾナとフロリダでの開催構想

アメリカでは新型コロナ・ウィルスの感染拡大で大リーグの開幕が見通せない状態です。一部報道ではアリゾナ州に30球団を集めて無観客で開催する案も出されたようです。

そんななか、2020年4月10日のUSA Todayでは、MLB機構が複数の案を検討している中の1つの案として、キャンプ地であるアリゾナ州とフロリダ州の2州に分けて試合を行うことも検討しているそうです。幸いにも各々の州でキャンプを行っている球団は15球団づつです。州毎に3地区で構成し州のチャンピオンを決定し、両州のチャンピオン同士でワールド・シリーズを争うというアイデアです。

地区分けは以下の通りです。

グレープ・フルーツ・リーグ(フロリダ州)
North South East
ヤンキース レッドソックス ナショナルズ
フィリーズ ツインズ アストロズ
ブルージェイズ ブレーブス メッツ
タイガース レイズ カージナルス
パイレーツ オリオールズ マーリンズ
アストロズのスプリングキャンプ場
シカゴカブスの球場
カクタス・リーグ(アリゾナ州)
North East West North West
カブス ドジャース ブルワーズ
ジャイアンツ ホワイトソックス パドレス
ダイヤモンドバックス レッズ マリナーズ
ロッキーズ インディアンス レンジャース
アスレチックス エンゼルス ロイヤルズ

新型コロナ・ウィルスで全世界、とりわけアメリカでは多数の感染者、死亡者が報告されています。現実的には今シーズンの開幕は厳しいとは思いますが、仮に上記のアイデアで開催した場合、通常と違うチームで地区が構成されますので面白そうです。ワクワクしませんか?

暗いニュースが報じられる毎日ですが、MLB機構は安全性を考慮しながらもユニークなアイデアに知恵を絞っている様子が伺えます。一日も早い感染の終息と普通の生活が戻ること、そして球場に打球音が響くことを祈願します。そして我々は自粛という形で貢献しましょう。

(※2020年4月10日 USA Todayの記事、その他を引用)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)