2020年ポストシーズンで観戦実施

チケットについて

座席のガイドライン

・座席グループ間の社会的距離を確保するために、チケットは4セット(ポッド)でのみ購入できます。

・安全な社会的距離を確保するために、すべての座席ポッドは最低約2m(6フィート)離れています

・フィールド、ダッグアウト、またはブルペンなど選手が利用する場所から約6メートル(20フィート)以内の座席は販売されません。

・すべてのチケットはデジタル・チケットです。MLB Ballparkアプリで表示し入場します。紙のチケットは販売されません。

ソーシャルディスタンスを考慮し販売されたチケット
ソーシャルディスタンスを考慮し販売されたチケット
 

ポストシーズンのチケットオーダー画面
 

1ポッドは4席で構成され、ポッド間は約2m以上離れています

上記の例はドジャース対ブレーブスのナショナルリーグ・チャンピオンシップの第7戦目のチケットの購入画面です。これは公式サイトでの販売です。

レンジャースの公式サイトでのチケット販売

・1席は$125ですが、ポッド単位で販売していますので4席で$500です。

・一塁側内野席SEC125の15列目の1~4番のシートです。

1ポッド4席単位の販売と案内されていましたので、試しに購入サイトにアクセスしてみました。上の写真の通り4枚$500での購入画面になりました。2021年もこのルールで販売される場合1枚、2枚などの単位で販売されるかは不明です。STABHUBのような公式な再販サイトでは1枚、2枚単位での購入は可能だと思われますが、例年とはルールが違うことを念頭に置いておくべきでしょう。

またチケットは全てデジタルでスマート・フォンのアプリ(MLB Ballpark)で表示させる形式です。近年MLBのチケットは徐々にデジタル化が進みペーパー・チケットでの入場ができない球場も出てきました。新型コロナ・ウィルスの感染影響で2021年以降のMLBの観戦は全てデジタルにシフトするかもしれません。

アメリカでのMLB観戦にはスマートフォンの持参が必須であり、チケットの購入や表示のオペレーションが出来ないと入場ができないかもしれません。

総評

2020年のポストシーズン、グローブ・ライフ・フィールドでの観客を入れての試合は2021年のレギュラー・シーズンのテスト・ケースとして参考になるでしょう。来年の感染状況、ワクチンの開発など不確定要因はありますが、今回の試合の情報を参考に予測をすることは重要です。

2021年の試合の開催、チケットの販売、感染予防のルールなどの情報が入り次第、こちらのコラムでご紹介したいと思います。

(※2020年のレンジャースの公式サイト他の記事を参照し抜粋して掲載しました。)

 

関連ツアー

【 2020年9月はエンゼルスタジアムで10連戦の観戦】エンゼルス観戦ツアー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)