グローブライフ・フィールド (テキサス・レンジャーズ)

アメリカン・リーグの西地区に所属するテキサス・レンジャーズ。そのレンジャーズの本拠地となるのがグローブライフ・フィールドです。
この球場は、2020年にオープンしました。MLBはコロナウィルスの影響もあり、シーズン短縮となり、ポストシーズンもかなり変則的な開催となり、コロナの規制が緩いテキサス州で、2020年のワールドシリーズを全試合開催することになりました。制限をしてものの有観客での開催となり、ドジャース対レイズのワールドシリーズは、このスタジアムで開催しドジャースが優勝を飾りました。
球場名はグローブライフ社の子会社が2048年まで命名権を持っており、2019年まで使用していた前球場の名称はグローブライフ・パークでしたが、2020年からの新球場はグローブライフ・フィールドと少し変わりました。

前のスタジアムは、屋根のないタイプのスタジアムとなり、真夏の観戦で、特にデーゲームは、かなりきついものがありましたが、グローブライフ・フィールドは屋根があるので、真夏のデーゲームでも真夏の日差しを直に浴びることなく観戦できるスタジアムになっております。

スタジアムの基本情報

球場名 グローブライフ・フィールド(Globe Life Field)
所在地 734 Stadium Drive, Arlington, TX 76011
収容人数 40,300人 
フィールド 人工芝
ダグアウト レンジャースが1塁側、ビジターチームが3塁側
屋根 可動式

グローブライフ・フィールドの特徴

可動式屋根

湿度の高いテキサスの真夏は酷暑になります。特にデーゲームはきついものでしたが、グローブライフ・フィールドは屋根があるので、真夏のデーゲームでも快適な観戦ができます。

グローブライフ・フィールドの屋根は可動式になっており、春や秋口の気温と天候次第では、屋根を開けて試合を行います。球場がありますダラス近郊のアーリントンの真夏は湿度が高く、気温も約40℃の日が続きますので、殆どの試合は屋根が閉められており、球場内は冷房が効いています。

外気温が高いために屋根が閉められている場合には、試合開始直前に「外気温は36℃、球場内は26℃です。ご来場ありがとうございます!」というアナウンスがありますので、内外の気温差を知ることが出来ます。試合が行われるのであれば屋根の開閉はどちらでも良いのですが、毎試合前に屋根の開閉の情報がグローブライフ・フィールドのツイッターで発信されています。

因みに2023年7月中旬現在の気温は最高気温40℃、最低気温26℃、一日平均湿度は約50%となっていますので、球場に入る前にも「水」の携帯は必須になります。

フィールドレベルの内野席:座席セクション 1 ~ 26

グローブライフ・フィールドの大きな特徴の一つは、フィールドレベルの内野席の構造と、スイート、プレミアムクラブシートが多い事ではないでしょうか。

大体の球場では、フィールドレベルの座席の最前列はフィールドとほぼ同じ高さの座席もあり、手を伸ばせば、フィールドを触れてしまう様な感じのお席ですが、グローブライフ・フィールドはレフトポールからライトポールまで、両チームのダグアウトとカメラマンブースを除くと、ほぼスイートやプレミアムラウンジに囲まれている造りになっています。(写真の黄色線)

そのため、フィールドレベルの内野席とされる座席セクション1~26のお席は、最前列でも約1.5m~2m程、フィールドから高く造られており、選手やフィールドと同じ高さに近い座席はありません。

ですが、その分、座席セクション1~26は、全セクションが、「クラブシート」、「プレミアムシート」とも言えるようなフィールドレベル内野席の構造になっています。列の数も1列~8列、通路を挟んで9列~16列と列が極端に少なく、最後列がスイートになっています。また「レクサスクラブ」や「バルコンズ・スピークイージー」へのプレミアムアクセスがある座席は背もたれ、座る部分が柔らかいクッションの座席、また一般座席とされるセクションの椅子も座る部分は柔らかい材質になっているので、とても快適です。




また座席セクション1~26は、試合中はチケットを持った人しか入ることが出来ない「地下階」になっており、コンセッションスタンドも「ザ・TX ディストリクト」という屋内型のフードコートストリートの様な雰囲気になっており、基本的には座席セクション1~26のお客様しか利用できないため、混雑でごった返す事もありませんので、まさに他の球場では2階などに多い「クラブシート」とフィールドレベルにある「プレミアムシート」が合わさったような特徴のあるフィールドレベルの内野席になっています。


8月のデーゲームの球場内の様子

8月のナイトゲームの球場内の様子

グローブライフ・フィールドの階層について

グローブライフ・フィールドは、お隣にあるNFLのダラス・カウボーイズの本拠地、「AT&Tスタジアム」や、ロサンゼルスに完成した最新のスタジアム、「ソーファイスタジアム」、また日本ハムファイターズの新球場、「エスコン・フィールド」などを設計しているHKS Inc.という会社によって作られました。

上記のスタジアムは、いずれもユニークな構造をしておりますが、グローブライフ・フィールドも同じく、球場内の階層の作りで知っておいた方が良いと思われる所もありますので、ご参考にして頂ければと思います。

入場する地上レベルは100番台、フィールドレベルは地下?

この球場の構造の特徴の一つかもしれません。
階段も何も無く、普通に地上のレベルにある各ゲートから球場内へ入場しますと、そこは100レベル(101~142) のコンコースになっています。多くのスタジアムですと、100番台は、そのままフィールドに近い座席セクションになっており、コンコースからフィールドに向かっていけば、フィールドのすぐそばまで行くことができますが、この球場では『100番台は2階席』になっています。ですので、「100番台だから、フィールドの近くまで行ける」というのはこの球場には当てはまりませんので、チケットをご購入の際にはお気を付けください。

では、この球場で一番フィールドに近いお席は何処なのか?という事ですが、
座席表の中では座席セクション 1 ~ 33 になり、地上レベルの100番台のコンコースからエスカレーター、もしくはエレベーターで、地下レベルに下りますと「ザ・TX ディストリクト」という地下レベルのコンコースになります。
ですので、内野フィールドレベル(レフトのポール際からライトのポール際)での観戦をされたい場合は、セクション 1 ~ 26 までのチケットが必要になります。

そして多くの球場で4階、5階席に当たるお座席は、座席セクション201~244、301~326になり、いずれも200番台コンコースからお座席へのアクセスが可能です。


球場内を1周するには

グローブライフ・フィールド内をチケットレベルに関係なく、1周することが出来るのは、『100レベルコンコース』『200レベルコンコース』になります。階層の構造的には以下の様になっております。
ザ・TX ディストリクト(地下レベル):座席セクション 1 ~ 26
オールユーキャンイート(地下レベル外野レフト側):座席セクション 27 ~ 33
100レベル(地上レベル):セクション 101 ~ 142
スイートレベル:一部は上がれますが、スイートチケット要。
200レベル:セクション 201 ~ 244、301 ~ 326

グローブライフ・フィールドの座席について

おススメのプレミアムなお座席

レクサスクラブ

レクサス・クラブシートは、セクション8から19の1列目から8列目までの座席になります。この座席はアルコールを含む飲食込みの座席になっており、レクサスクラブというラウンジで飲食も楽しむことができます。
このレクサスクラブラウンジは、このスタジアムの中で最もランクの高いラウンジとなり、座席セクションの通路12番と15番にレクサスクラブ専用の入口があります。
できるだけフィールドに近く特別な体験をしたいという場合は、この球場の座席の中でもベストシートの1つになります。

バルコネズ・スピークイージー

バルコネズ・スピークイージーシートは、セクション13と14の9列目から16列目の座席になります。
この座席もアルコールを含む(一部のハードリカーは有料)、飲食込みの座席になっており、チケットホルダーは、「バルコネズ・スピークイージー」という専用ラウンジで飲食を楽しむことができます。
お料理の品目としては、レクサスクラブの方が格上になりますが、基本的にはレクサスクラブより値段が安くなる座席なので、少し離れた位置からプレーを楽しむことを目的にして、飲食も楽しみたいというのであればぴったりの選択肢になります。バルコネズ・スピークイージクラブは「ザ・TXディストリクト」内にあります。

ユニークなお座席

ワイルドラグデッキ

座席セクション134 & 135にある「ワイルドラグデッキ」。丁度、センターフィールドの中心からフィールドを見下ろしながら、ゆったりと観戦することができ、TVカメラの真後ろ又は真横にあるというユニークなお座席の1つです。テーブルサービスもあります。

カーバックブリューイング スカイポーチ ロッキングチェア

座席セクション 201~204
テキサスと言えば、カウボーイやステーキ、BBQなどの印象もありますが、このセクションには本物の木製のロッキングチェアがあります(もちろん指定席)。カーバックブリューイングはビールとBBQ料理を味わうことが出来ます。
ロッキングチェアに揺られて『テキサス』らしさを感じながら観戦できるユニークなお座席ではないでしょうか。

グローブライフ・フィールドのブルペン

この球場では、1塁側がテキサス・レンジャーズ、3塁側がビジターチームのダグアウトになります。ブルペンはセンターフィールドを中心に、ライト側がレンジャーズのブルペン(赤丸)で、レフト側がビジターチームのブルペン(赤丸)です。

レンジャーズのブルペンは100レベルコンコースをセクション131~133辺りまで行き、スタンドを下りて行けば見ることができます。

ビジターチームのブルペンは、座席的には100レベルコンコースから1階下がった階にあり、その階(黄色丸)は、ボールパークフードの食べ放題が含まれる座席となる為、そのセクションのチケットを持っていないと入れないセクション27~33の中にブルペンがあります。

グローバルライフフィールドのサインスポット

メジャーリーグの球場へ行くと選手からサインを貰ったり、ボールを投げて貰えたりする機会も多いので、ファンにとってそれは観戦以上の大きな楽しみの一つでもあります。

グローバルライフ・フィールドは球場の構造上、客席スタンドとフィールドとの高さのギャップが約1.5m~2m位あり、プレミアムシートが更にせり出している上に防護ネットがあるなど、選手に近づきづらい構造にはなっていますが、積極的に攻めれば可能性はあるはず。地元テキサスのサインゲッターの方々から頂いたアドバイスを基にすると下記の場所に可能性があるようですが、こればかりは「運」ですので、貰える貰えないにかかわらずメジャーリーグ観戦の一部として楽しんでみてはいかがでしょうか。

3塁側

いずれにしても、防護ネットが無い場所以外は、選手がサインの為に一歩奥まで入ってきてくれるか、スタッフのヘルプが必要になるようです。


セクション9と8の角~ベンチ上
セクション6のカメラマン席付近
セクション2の防護ネットが無くなる部分 など

1塁側

いずれにしても、防護ネットが無い場所以外は、選手がサインの為に一歩奥まで入ってきてくれるか、スタッフの手助けが必要になるようです。


セクション19~ベンチ上付近
セクション21のカメラマン席付近
セクション25の防護ネットが無くなる部分 など

 

場内アナウンサー:チャック・モーガン氏の放送ブース

テキサス・レンジャーズには、チャック・モーガンさんという40年間に渡ってレンジャーズのホームゲームで場内アナウンサーを務めているレジェンドがいます。7歳の頃から野球のアナウンサーになる事を夢見ていたというモーガンさんですが、メジャーリーグ3,082試合連続でスタメンを発表。40年前にメジャーリーグに入団して以来、テキサスとカンザスシティ(2002年に1年だけ在籍)のホームゲームを欠場したことがありません。

ファンを常に大事にするモーガン氏は、放送ブースを厚い壁の向こう側ではなく、写真の様に100レベルコンコース:セクション114にガラス張りでオープンな放送ブースを設置し、時間の許す限りファンとの交流を大事にしています。

いつまでもお元気でご活躍頂きたいと思います!

またモーガン氏が、2020年9月26日の3,000試合連続試合と2020年のワールドシリーズのアナウンスに使用したマイクは、ニューヨーク州クーパーズタウンにある全米野球殿堂博物館の所蔵品に加えられました。

 

入場とセキュリティ

開門時間

通常、午後に行われるゲームの開門時間は試合開始時間の90分前となります。
オープニングデーやプレーオフなどは変更される場合があります。

持込できるバック

大きさが40cm×40cm×20cm (16インチ×16インチ×8インチ)以内の素材の柔らかいバック1個のみ持ち込みが可能です。リュックサック(バックパック)はサイズに関わらず持ち込みができません。ひもが通っているタイプのリュックにもなるバッグは持ち込み可能。
ですが、近年、アメリカの会場がバッグの持ち込みの規制が厳しいですので、バッグ類は持っていかないか、規定内のクリアバッグで観戦に行かれることを強くお勧めいたします。

カメラ

小さいサイズのデジタルカメラは、球場に持ち込むことができます。
20cm以上レンズの持ち込みや、三脚、一脚などの持ち込み、使用は認められていません。

飲食物の持ち込み

開封していない透明な袋に入っているフード、開封していないミネラルウォーター(ジュース、スポーツドリンクなどを除く、ペットボトル、1リットル以下)は1人1個、1本まで持ち込み可能。

再入場

グローブライフ・フィールドでは、開場から試合開始まで、特定のドアおよび一般入場口でのみ再入場が可能です。試合開始後の再入場は、メイン・コンコースのノース・エントリーおよびスイート・レベルのサウスイースト・エントリーの1つのドアでのみ許可される。すべてのお客様は、退場前に必ずチケットのスキャンを受け、再入場前に再度セキュリティーチェックを受ける必要があります。
※再入場が必要な場合は、必ず係員に出口について確認して下さい。

グランドスラム・チームストア

試合中のアクセスは外野センター後方のTXU Energy North Entry近く、セクション134, 135 付近にあります。試合が無い日でも以下の時間にオープンしており、TXU Energy North Entryの並びに入口があります。

月曜日~土曜日: 10 AM - 5 PM
日曜日: 11 AM - 5 PM

スタジアムツアー

今回は、8月27日デトロイト・タイガース対テキサス・レンジャーズ戦の『プリゲームツアー:Pre Game Tour』を体験してみました。

ツアーの集合場所:TXU Energy North Entrance(アクセス的にここが球場のメイン入り口です)
※球場向かって一番左のセキュリティーチェックの列に並びました。
ツアー開始時間:14:30
試合開始時間:19:08

もちろん、まだ新球場の匂いのするグローバルライフ・フィールドの中を見学できるのは、興奮しますが、このプリゲームツアーの最大の目玉と言えば、通常の一般開場時には見ることが出来ないホームチームの打撃練習を見ることが出来る事です。レンジャーズファンにとっては、たまらなく嬉しいツアーです。(もちろん、球団の都合による練習の有無は事前にはわかりません)

◎入場の際はセキュリティーチェックの後に、「ツアーチケット」と「試合のチケット」の2枚のチケットをスキャンしますので、ボールパークアプリのバーコードチケット、もしくはiPhone ウォレットのチケットのいずれかをご用意ください。
◎球場内へ入るとそこは、セクション136&137辺りのセンターフィールドです。
 そこで、リストバンドを付けてもらって、ツアーがスタートです。

ツアーは200レベルコンコース、100レベルコンコースの各所を説明を受けながら巡り、いよいよフィールドレベルの地下階へ。「ザ・TX(テキサス)ディストリクト」というコンコースストリートを抜けて、フィールドレベルの座席に行くと、目の前でレンジャースの選手たちの打撃練習が行われており、レンジャーズファンの人たちは大興奮。

決められたフィールドレベルの座席に着席すると、基本的にそこでツアーは終了。
約15分程、打撃練習を決められたセクションで見学しなければいけませんが、
「まだ開場まで20分程ありますが、球場内を各自で見学するなり、サインを貰うなり、自由行動です。」とアナウンスがあって解散となり、レンジャーズファンは「待ってました」と言わんばかりにサインゲッターと化していました。

※このツアー代金には「試合チケット」は含まれておりませんのでご注意下さい。

グローブライフフィールドの周辺について

ここでは徒歩圏内の球場周辺についてご説明いたします。
グローブライフ・フィールドは、2024年MLBオールスターゲームが行われることから、現在建設中の建物、商業施設を含めて球場周辺も更に整えられると思われます。

現在の球場周辺にあるのは、
・AT&Tスタジアム(NFLダラス・カウボーイズ本拠地)
・Choctawスタジアム(旧テキサス・レンジャーズ本拠地)
・Live!Loewsホテル
・TEXAS Live:スポーツバー、ビアガーデン、レストランなどの施設
・セブンイレブン
などの施設のみとなり、その他には特に何もありません。

早めに球場に着いた場合にとても便利なのは『TEXAS Live!』と『セブンイレブン』でしょう。

TEXAS Live!(テキサス・ライブ!)

「テキサス・ライブ!」は球場に隣接しているスポーツバー、ブリューワリー、レストランなどがある商業施設です。地元ファンには、試合前、試合後に食事をしながらお酒を飲んで盛り上がる「テールゲート」を楽しむ様な場所となっています。

吹き抜けの店内の中央はスポーツバーになっており、大画面にはリアルタイムで行われているスポーツ中継や、スポーツニュースが流れています。その周りを取り囲むようにレストラン、ブリューワリー、ファストフード店などがあります。

ウエイターがサーブしてくれるスポーツバーや、レンジャーズのテーマレストラン「レンジャーズ・リパブリック」などの他にも、レンジャーズレジェンドの名捕手イバン・ロドリゲス氏のニックネームを冠した「パッジズ・ピザ」やタコスのお店「タコジョイント」などのファストフードや、スタンドバーなどもありますので、特に夏の暑い日などは気軽にドリンクを注文して水分補給して下さい。

店内は当然の如く冷房が効いており、自由に使える大きなトイレもありますので、球場の開場を待つ間などに気軽に中に入って、この施設を有効利用して下さい。

セブンイレブン

グローブライフ・フィールドの「TXU Enegy ノースゲート」、レンジャーズレジェンドの名投手ノーラン・ライアン氏の銅像の前には、スタンド型の小規模なセブンイレブンがあります。
公式ウェブでは24時間営業とありますが、取材時の試合後には閉まっていましたので、ロケーション的に営業時間は分かりませんが、試合前には必ず開いていますので、ここでドリンクを買って開場までの時間を「テキサス・ライブ!」で過ごすのも良いかもしれません。外壁には「Oh! Thanks heaven!=お!神様ありがとう!」とありますが、まさしく酷暑の日にはオアシスともいうべきセブンイレブンです。

観戦に便利なホテルについて

グローブライフ・フィールドは、「アーリントン」というエリアにあります。
基本的に、このエリアはスタジアム以外は何もないようなエリアになります。基本的な情報としては、夜の試合の場合は、スタジアムの徒歩圏内(徒歩20~30分ほど)がベストです。昼間の試合であれば、ダラスのダウンタウンの方がダラスの滞在をトータルすると過ごしやすいかもしれません。

Live! at Loews Arlington Hotel

ライブ!at ロウズ・アーリントン
Live! by Loews - Arlington, Texas
所在地:1600 E Randol Mill Road, Arlington, 76011
このホテルは「グローブライフ・フィールド」と「テキサス・ライブ!」と隣接しています。グローブライフ・フィールドとAT&Tスタジアムでの観戦やコンサートを見に行かれる場合には最高のロケーションのホテルです。

Sheraton Arlington Hotel

シェラトン アーリントン
Sheraton Arlington Hotel
所在地:1500 Convention Center Dr, Arlington, TX 76011
「グローブライフ・フィールド」からは徒歩15~20分、「AT&Tスタジアム」からは徒歩30分ほどの距離にあるホテルです。試合時にはアーリントン周辺ホテルを結ぶトロリーシャトルも運行しています。

Courtyard by Marriott Dallas Arlington

コートヤード・ダラス・アーリントン
Courtyard by Marriott Dallas Arlington/Entertainment District
所在地:1500 Nolan Ryan Expy, Arlington, TX 76011

トローリーの利用

グローブライフ・フィールド周辺のホテルに宿泊した場合には、各ホテルから球場までトローリー・バスを利用することができます。トローリーにはレッド・ライン、イエロー・ライン、ブルー・ライン、グリーン・ラインの4つのルートがあります。

2022年8月現在、グローブライフ・フィールドのトロリー発着所は、旧グローブライフ・パーク(現:チョクタウ・スタジアム)の西側のストリートのNolan Ryan Express Wayにあります。(地図上の赤い四角)グローバルライフ・フィールドのTXU Energy North Entry側になります。
※NFLのダラス・カウボーイズの試合の際のトロリー発着所も同じ場所です。
※球場周辺は、開発工事が行われておりますので状況によって発着所の場所も変更される場合がございます。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

グローブライフ・フィールド
Average rating:  
 0 reviews

関連スタジアム

グローブライフ・パーク(テキサス・レンジャーズ1994-2019)

サプライズスタジアム(テキサス・レンジャーズ、カンザスシティ・ロイヤルズ)

テキサス・レンジャーズの楽しみ方

グローブライフ・パークのスタジアムツアー

テキサス・レンジャーズQ&A

観戦に便利なホテルはどこになりますか?

空港から球場周辺のホテルへはどうのようにいけばいいでしょうか?

ダラスからアーリントンは電車などありますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名