2020年サイ・ヤング賞の行方は?

2020年は新型コロナ・ウィルスの感染影響でMLBのレギュラー・シーズンの試合数は60試合でした。通常の約37%しか試合がなく、また無観客試合でしたのでまさに異例です。

しかしながら、今シーズンはダルビッシュ・有投手、前田健太投手が好成績を収め、サイ・ヤング賞のファイナリストに名を連ねています。

全米野球記者協会(BBWAA)やスポーツ・メディアなどでは独自の投票で優秀投手の選出を行っており、一部のメディアではダルビッシュ・有投手が選出されていますが、果たしてサイ・ヤング賞の行方はどうなるでしょうか?

ESPNの独自予想

そんな中、ESPNでは独自の方法でサイ・ヤング賞を予想しています。その計算方法は以下の通りです。

サイ・ヤング・ポイント (CYP) =

((5*投球イニング数/9)-自責点) + (三振数/12) + (セーブ数*2.5) + シャットアウトの試合数 + ((勝利数*6)-(敗戦数*2)) +プレイオフ・ボーナス・ポイント

ダルビッシュ投手のポイント

ダルビッシュ投手の場合は、投球イニング=76、自責点=17点、三振数=93個、セーブ数=0個、シャットアウト数=0試合、勝利数=8勝、敗戦数=3敗、プレイオフ・ボーナス・ポイント=12点です。

つまり

CYP=((5*76/9)-17)+(93/12)+(0*2.5)+0+((8*6)-(3*2))+12 =86.97点です。この数字はナショナル・リーグの投手では1位のポイント数です。

ちなみに、前田健太投手はアメリカン・リーグで3位です。

ESPNの予想はこちらのサイトを参照願います。

サイヤング賞との比較

過去5年間のこのサイ・ヤング・ポイントとサイ・ヤング賞を比較した表が以下の通りです。

●アメリカン・リーグ

サイ・ヤング・ポイント1位

サイ・ヤング賞

2019

ジャスティン・バーランダー

ジャスティン・バーランダー

2018

ブレイク・スネル

ブレイク・スネル

2017

コーリー・クルーバー

コーリー・クルーバー

2016

リック・ポーセロ

リック・ポーセロ

2015

デビッド・プライス

ダラス・カイケル

●ナショナル・リーグ

サイ・ヤング・ポイント1位

サイ・ヤング賞

2019

ステファン・ストラスバーグ

ジェイコブ・デグローム

2018

マックス・シャーザー

ジェイコブ・デグローム

2017

ケリー・ジャンセン

マックス・シャーザー

2016

マックス・シャーザー

マックス・シャーザー

2015

ジェイク・アリエタ

ジェイク・アリエタ

アメリカン・リーグでは5年中4年で、ナショナル・リーグでは5年中2年でサイ・ヤング・ポイント1位の投手がサイ・ヤング賞を獲得しています。

さて2020年の結果は如何に? ダルビッシュ・有投手はサイ・ヤング賞を獲得できるのか? 日本時間2020年11月12日(木)に発表予定です。

関連ツアー

【 2020年6月ミネアポリス】ミネソタ・ツインズ対ロサンゼルス・エンゼルス観戦ツアー

【 2020年6月ミネアポリス】ミネソタ・ツインズ対ニューヨーク・ヤンキース観戦ツアー

【 2020年7月ミネアポリス】ミネソタ・ツインズ対ロサンゼルス・ドジャース観戦ツアー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)