【更新】2021年のHall of Fame Induction Ceremonyの屋外開催を決定

2021年2月13日にこのコラムで2021年のInduction Ceremonyが中止されるとご紹介しましたが、アメリカ野球殿堂博物館の会長は、Induction Ceremony(Hall of Fame Classic Weekendのイベントの一部)を2021年9月8日13:30(米国東部時間)に開催することを発表しました。会場はクラークスポーツセンターの敷地内の屋外イベントです。例年開催されている場所での開催と思われます。

Induction Ceremony

2021年は投票の結果、野球殿堂入りする選手は選出されませんでした。したがいまして2021年の入会式では、昨年新型コロナ・ウィルスの感染影響でHall of Fame Classic Weekend全体のイベントが中止されましたので、2020年に選出されたデレク・ジーター、ラリー・ウォーカー、メルビン・ミラー、テッド・シモンズの4氏が表彰されます。

感動のHall of Fame Induction Ceremony!

ファンの参加

例年ですと入会式の芝生席は無料ですし入場数に制限はありませんでしたが、2021年はこれまでとは異なり、チケットが必要です。 7月12日(月)11時(米国東部時間)より、数量限定のチケットを用意するようです。(詳細不明)そして現時点では、予防接種を受けたチケット所有者と予防接種を受けていないチケット所有者の座席エリアを別々に設けるようです。

【更新】2021/6/21(アメリカ時間)

先週火曜日にニューヨーク州知事のクオモが新型コロナ・ウィルス(COVID-19)の制限を解除したと発表しました。これを受けて9月8日開催のInduction Ceremony(入会式)は通常通り無料の芝生席を設けることになりました。この席はチケットは必要ありません

Induction Ceremony

Awards presentation

Awards presentation(Hall of Fame Classic Weekendのイベントの一部で野球に関する執筆で貢献した人物ならびに、野球に関する報道で貢献した人物を表彰するものです。)というイベントは7月24日に屋内のTVイベントとして開催されます。このイベントで表彰された人々も2021年9月8日に開催されるInduction Ceremonyに招待されます。

アメリカ野球殿堂博物館

なおアメリカ野球殿堂博物館は、毎日午前9時から午後7時まで開いています。(レイバー・デイ直前の日曜日までの営業時間です)新型コロナ・ウィルスの感染影響で博物館を見学する人は、事前に入場する日時をこちらのサイトで予約する必要があるようです。

【更新】アメリカ野球殿堂博物館(National Baseball Hall of Fame and Museum)

2021年は一部のイベントが復活し、デレク・ジーター選手の野球殿堂入りを祝うことができるようになりましたが、例年と異なり限定的なイベントとなってしまいます。2019年には55,000人以上(歴代2番目の集客)のファンが参加したInduction Ceremonyが、通常に戻る事を期待しましょう。2025年にはおそらくイチロー選手が野球殿堂入りすると思いますので。

(※2021年6月14日(アメリカ時間)にアメリカ野球殿堂博物館から配信されたメールより)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名