2021年の球場での観戦数の見込み

2021年2月10日にアメリカ・ニューヨーク州のクオモ知事が2021年のイベント観戦についてのガイドラインを発表しました。

これは10,000席以上の収容能力のあるスタジアムやアリーナについては定員の10%までの入場を許可するというものです。ヤンキースタジアムとシティ・フィールドの収容人数は各々52,325人と41,922人ですので、2021年に球場で観戦できるファンは4,000人~5,000人程度であると予想されます。

入場の際にはマスク着用、アルコール消毒液での手洗い、ソーシャルディスタンスの確保は要求されますし、イベントの72時間以内にPCR検査を受けて陰性であることを証明する必要があります。

また、ニューヨーク州以外の野球場でもおそらく同じようなガイドラインが示されると思います。例えばダルビッシュ投手移籍したサンディエゴのペトコパークでは、最大収容人数を10,000人~12,000人になる可能性があり、シーズン・チケットを持っているファンだけに限定するという情報もあります。

2021年について無観客試合は回避する方向で調整しているようですが、入場者できるファンの人数や属性などが限定される可能性が高いと思われます。これらの方針は新型コロナ・ウィルス(COVID-19)の感染状況、ワクチンの投与の状況で変更されると思います。

引き続き各球場のファン入場のガイドラインにつきましては情報が得られましたらコラムで紹介したいと思いますが、2021年も日本からアメリカ本土への観戦旅行は見合わせることになりそうです。

関連ツアー

【 2020年6月のヤンキースの観戦】ヤンキース対カブス注目の試合観戦ツアー

【 2020年エンゼルスをヤンキースタジアムで観戦】ヤンキースタジアム観戦ツアー

【 2020年7月エンゼルスを東海岸で観戦】フィリーズ、ヤンキースタジアム観戦ツアー

【 2020年7月 ニューヨーク】ニューヨーク・ヤンキース対ロサンゼルス・エンゼルス観戦ツアー

【 2020年7月 ニューヨーク】ニューヨーク・ヤンキース対ロサンゼルス・エンゼルス レジェンズスイート観戦ツアー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名