30球場の見どころ(ナショナルリーグ)

MLBのホーム球場は30球場あります。レッドソックスの本拠地のフェンウエイ・パークやカブスの本拠地のリグレー・フィールドのように開場から100年を経過した歴史ある球場から、2020年に開場した最も新しい球場レンジャースの本拠地グローブライフ・フィールドまでさまざまです。

各球場とも個性がありボール・パークの名前のとおりファンを引き付ける見どころを備えています。その30球場で最もお勧めできるポイントをまとめた記事が2021年5月23日(アメリカ時間)にリリースされました。その記事から抜粋してご紹介します。あくまで一記者の評価ですので、紹介されたポイント以外にも名物は沢山あります。是非球場を訪れてご自身の目で確認して頂きたいと思います。

まずはナショナル・リーグからご紹介します。

ナショナル・リーグ

東地区

チーム名・見どころ

寸評

写真

アトランタ・ブレーブス/トゥルーイスト・パーク

モニュメント・ガーデン(Monument Garden)

ブレーブスの歴史を紹介するコーナーです。過去のチーム成績が紹介されておりワールド・チャンピオンのレプリカのトロフィーや歴代スーパースターが使用した野球グッズも陳列しています。

Braves Hall of Fame

フロリダ・マーリンズ/ローンデポ・パーク

ボブルヘッド・ミュージアム(The Bobblehead Museum)

 

各球場で配布された非常に多くのボブルヘッド人形が陳列されています。マーリンズの選手はもとより30球団の選手のものもあります。日本人選手では野茂英雄、イチロー、松井秀喜などの人形があります。

ボブルヘッド博物館

ニューヨーク・メッツ/シティ・フィールド

ジャッキー・ロビンソン・ロタンダ(The Jackie Robinson Rotunda)

MLB最初の黒人選手として有名なジャッキー・ロビンソンに関するオブジェがロトンダ・ゲートを入ったところに陳列されています。ジャッキー・ロビンソンはメッツに所属したことはないのですが、全球団の永久欠番になっているレジェンドを称えています。

特長のあるロトンダ・ゲート

ワシントン・ナショナルズ/ナショナルズ・パーク

プレジデント・レース(The Presidents race)

試合の途中で行われるアトラクションで、歴代の有名な大統領ジョージ・ワシントン(ジョージ)、トーマス・ジェファーソン(トム)、エイブラハム・リンカーン(エイブ)、セオドア・ルーズベルト(テディ)の4名が徒競走をします。テディのパフォーマンスに注目です。

大統領レースの様子

フィラデルフィア・フィリーズ/シチズンズ・パーク

ファナティック(The Philly Phanatic)

フィリーズのマスコットのファナティックです。球場自体にも名物はありますが、それをしのぐ人気のファナティック。愛くるしいパフォーマンスを観に行きましょう。

審判とファナティック

中地区

チーム名・見どころ

寸評

写真

ミルウォーキー・ブルワーズ/アメリカン・ファミリー・フィールド

バーニー・ブルワーの滑り台(Bernie Brewer’s slide)

ナショナルズと同様にソーセージ・レースが有名で、野茂英雄選手もソーセージをまとって参加した事がありますが、ここではブルワーズの選手がホームランを打った際に、レフト・スタンド後方にある滑り台でマスコットのバーニー・ブルワーが滑り台を滑るパフォーマンスを取り上げます。

試合前ならばファンも滑り台を滑ることができます。

名物の滑り台。ブルワーズの選手がホームランを打つとマスコットが滑ります

セントルイス・カージナルス/ブッシュ・スタジアム

アーチの景色(Views of the Gateway Arch)

セントルイスで有名な観光地はゲートウエイ・アーチですが、センター後方にこのゲートウエイ・アーチが見えます。球場のデザインとマッチした借景を楽しみましょう。

ブッシュ・スタジアム

シカゴ・カブス/リグレー・フィールド

外野フェンスのツタ(The ivy)

リグレー・フィールドと言えばヤギの呪い(2016年にワールド・チャンピオンになり呪いは解けた)や外野後方のビルの観覧席など名物は多いのですが、やはり外野フェンスに茂るツタが有名です。

リグレー・フィールド

ピッツバーグ・パイレーツ/PNCパーク

スカイライン(That glorious skyline)

ブッシュ・スタジアムでも紹介しましたが、PNCパークのセンターからライト側の外野席は低くなっており後方にダウンタウンのビル群(摩天楼)がそびえ立っています。ダウンタウンを借景にした風景はデイ・ゲーム、ナイト・ゲームともに見どころです。

PNCパークとマッチしたダウンタウン

シンシナティ・レッズ/グレート アメリカン ボール パーク

新しいスコアボード(The new scoreboard)

記事では新しいスコアボードを紹介しています。大型のスコアボード全体にLED電球を採用した最初のMLB球場です。ライト席後方が全てスコアボードですのでその大きさいがわかります。

グレートアメリカ・ボールパーク

(※写真は2011年です)

西地区

チーム名・見どころ

寸評

写真

アリゾナ・ダイヤモンドバックス/チェイス・フィールド

プール・エリア(The pool)

 

チェイス・フィールドと言えば、外野エリアにあるプールが有名です。このプール・エリアは、35人用のスイート席(団体)として販売されています。

チェイス・フィールド名物のプール付き観戦エリア

ロサンゼルス・ドジャース/ドジャースタジアム

昔のロサンゼルスの雰囲気(The "old Los Angeles" feel)

球場にいるだけで60 年代初頭のロサンゼルスにいるような気分になります。「昔のロサンゼルス」の雰囲気を感じることができます。2020年にオールスター・ゲームの開催に合わせて大掛かりなリニュアル工事を行っていますので、新たな名物ができるかもしれません。

ドジャースタジアム

サンフランシスコ・ジャイアンツ/オラクル・パーク

マコービー湾(McCovey Cove)

ライト席後方は海です。ジャイアンツの選手が打ったホームランが海に飛び込むとスプラッシュ・ヒットと呼ばれています。カヌーに乗ったファンがホームランボールを待ち受けています。

オラクルパーク

サンディエゴ・パドレス/ペトコ・パーク

球場の公園(Park at the Park)

ペトコ・パークのセンター後方に位置する広大な公園です。ダウンタウンの一区画を占めるほど大きな公園ですが、観戦チケットが無いと入ることができません。以前でしたら「The Beach」が有名でした。

ペトコパークのセンター後方にある「ザ・ビーチ」

コロラド・ロッキーズ/クアーズ・フィールド

ロックパイル(The Rockpile)

センター後方にそびえるブリーチャー席です。球場全体を見渡せる席でのんびり観戦するには適していると思います。選手は小さくしか見えませんが。

ブリーチャー席

以上の情報は2021年時点での各球場の見どころを紹介しています。

(※2021年5月23日のMLBの記事を参照)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名