ヤンキースタジアムを満喫しよう(2018年5月)

2018526日のヤンキース対エンゼルスは、週末の試合であり大谷翔平選手の出場もありお客様の出足が早かった。通常試合開始時間の2時間前の開門ですがこの日も2時間半前に開門しました。余裕を持ってはやめに球場に行きましょう。

プリント・チケットを認めないヤンキースタジアム

20185月現在、ヤンキースはWEBで購入したチケットをプリントしたものを持参しても入場できません。スマホでチケットの画面を表示しQRコードをスキャンさせる必要があります。前日はスマホでQRコードを表示させましたが、この日はiPADQRコードを表示させました。スマホより大きい画面だからだ大丈夫だと思っていましたが、何度スキャンしても認識してくれませんでした。結局スマホで表示させて入場ができました。iPADは避けた方がいいかもしれません。

電子チケットをスキャン
6番ゲートを入ったコンコース

チーム・ストア

6番ゲートから入場するとすぐ右手にチーム・ストアがあります。他球場に違わずヤンキースのロゴが入ったグッズが多数並べられていました。もちろん主力選手の背番号入りのジャージ、Tシャツもあります。そんな中、面白いTシャツを発見しました。日本人対決に便乗したTANAKA vs OHTANITシャツです。二人の写真もプリントされています。ヤンキースの商魂に脱帽です。

チーム・ストア入口
チーム・ストアの商品
チーム・ストアの商品
チーム・ストアの商品
チーム・ストアの商品
チーム・ストアの商品
チーム・ストアの商品
チーム・ストアの商品
チーム・ストアの商品
日本人対決のTシャツ

ネット問題

ヤンキースタジアムも2018年からネットが張られたエリアが拡大しました。他球場の殆どはダッグアウト上までですが、ここヤンキースタジアムでは一塁側はチャンピオン・スィートのSEC-11までネットが張られていました。ネットが無いのは3つのセクションだけです。ライト・ポール近くまでネットがかかっていることになります。3塁側も同様にSEC-29までネットが張られていました。バックネット裏のレジェンズ・スィート17B21Aのダッグアウト付近はネットがかかっていませんが、そもそもレジェンズ・スィートのチケットを持っていないとこのエリアに入れませんし、チケットを持っていてもネットが張られていない箇所にはスタッフが待機して立入を制限していました。立ち止まっていると係員が移動を促します。

以上のことからサインをもらうチャンスがあるとすれば一塁側はポール際のSEC-108111に、三塁側はSEC-129131に限られます。サインをもらえるチャンスはかなり少ないと思います。 

ネットが張られているダッグアウト上
カメラマン席後ろにもネット
カメラマン席の先にもネットが
外野席近くでようやくネット無し
ネットが無いライトポール際
三塁側ダッグアウト上にもネット
三塁側カメラマン席後ろにもネット
サインのチャンスはレフト・ポール際のみ
 
レジェンド・スィートの21A横にはネットが無い
レジェンド・スィートの17Bにはネットが無いがスタッフが立ち止まりを禁じる

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名